FC2ブログ
2018/08/13

ルアー製作 目玉製作



2018年8月13日(月曜)

気づけばお盆です。
毎日、同じメニュー&リズムで、同じ自己管理を淡々と、いや、ここのとこはさすがに部屋が暑いので多少ダレてますが、変わらず呑気な生活を送っております。
今年は台風が多くですね。しかもヘンテコなコースで迷走。
世界的にも火山の爆発、地震、山火事と次々と天変地異が起こって、話題が移り変わっていく。
太陽活動が影響しているのでは?と益々怪しむ。データや情報を隠してないかな。。
そういえば、週末BloombergのBreaking Newsでトルコリラ急落を見て、ついに世の中の潮目が変わり流れ始める狼煙が上ったのかも、なんて思ったり。。
暑いとダレて余計なことを考えますね。作業も進捗せず滞留気味になるし。

ミノー&シャッド&ペンシル(Lot43~45)は仕上コートが完了。
目玉をつけようとしたら、在庫で合うサイズがなく、釣具屋に行ってみてもない。
じゃあ、作るかと思ったら、今度はポンチのサイズがない。。。
先日100円ショップにもポンチが売っていたなと思い出し、見に行くと2軒目で欲しいサイズが丁度ありました。サイズ違い2本セットなので1本50円ですね。

180813-IMG_3064.jpg



ポンチは思った通り、ちんちんに研ぎ直しました。
100円ショップでなくても、今までホームセンターで買った物も大体研ぎ直さないと綺麗に抜けませんでした。刃物はやはり切れないとあらゆる意味でダメですね。
後は、明日UVレジンで立体化すれば準備完了。

スポンサーサイト
2018/08/09

水中ポンプ




2018年8月9日(木曜)

日に日に日照時間が短くなってきたと感じるようになりました。
連日話題の猛暑も、いつものようにもうすぐ終わるでしょう。
そういえばサマータイムの話出てましたが、世の中を全く理解しようとしないで逆に自分らの偏狭なアイデアで世の中を変えようとする輩には呆れますね。プレ金、働き方改革と全く同じ。。。
現政権は最悪だった民主党の反動の期待だけでここまで来ただけと多くの人が思っているように、せいぜいやったのは日銀の異次元緩和だけで、世間を騒がせた、世間が騒いだ不祥事くらいしか記憶にない。まぁ、首相が便乗パフォーマンスだけみたいだから、その下の閣僚・役人も同様ばかりなんでしょう。もうとっくに賞味切れ。
まぁ、我々普通の人には到底できない、国内のその筋の世界で出世して、権力を守ってきたような特殊能力はあるんでしょうけどね。
次、また来るのはまた閉塞感かも?


日中、室温がぐんぐん上がる部屋で、じっとり出てくる汗を扇風機で吹き飛ばしつつ、あれこれつまらないこと考えていると、ふと思いついたのがこれです。

180809-IMG_3058.jpg


水中ポンプ。
手軽な取扱とサイズで、手頃な価格で、そこそこ能力のものあるかと調べると、、、
やはり用途に合わせて、それなりの出力とサイズ、価格に落ち着きました。
吐出量1500L/hて、感覚的にどの程度流れるのかよくわからないものの、バッテリを使わず家庭用100Vでいいのと、手頃な値段で決めました。
25L/分だから、30秒でペットボトルが10本満タンになる量、、、流速は口径から出るけど、水中で循環した場合には、実際に出た水がどの程度の流れを生むかはやっぱり使ってみないとわからない。。。 
洪水対策には全く排水量が足りないので使えませんが、使い方では暑さ対策にも使えそう。
実用はまた報告します。
2018/08/06

2018夏/体調・体力維持向上 & 定期検診



2018年8月6日(月曜)

今日も暑い一日でした。
夏休み真っ只中の子供たちも学校へ臨時登校する広島原爆の日でした。
Jアラートはあっても、戦前の(体面重視、無責任、、)体質とまったく変わらない政府・官僚は、重要な前兆や情報を我々国民には知らせないでしょうね。
こんな事が、あらゆる意味で二度と起きないよう祈るばかりです。

先日記載しましたが、
腕立て5回、腹筋10回、スクワット15回、3setしたら、ヘトヘトになって、翌日は体が重くすごい疲労感でした。筋肉痛は想定してましたが、たったこれだけで、考えられないほどにぐったりしたのに二度驚きました。
昔はスイスイ楽勝で、自分の空が軽かったのに、これほどまでに重くなるとは。。。皮肉に実際の体重は軽くなっているのに。
今回気づいたことは、腕立てでも、に胸や腕の押す筋肉だけでなく、姿勢を保持するために、背筋や腹筋も使っていること。腕の筋肉で体を押し上げれず、それが姿勢のバランスを崩すが、全体に力がないから、変なクネクネした見苦しい腕立て伏せになってしまう。自分が非力なって初めてわかったのでした。で、たかが腕立てと見過ごせないなと。
せめて主要な筋肉である腕、腹/背、脚の筋肉のリハビリは必要だと再認識して、歩行だけでなく、少しずつでも軽く筋トレを継続すべく、もう一歩踏み出しました。
やっと腕立てが5回もあともにできるようになりました。

歩行訓練ですが、入院中から徐々に負荷を増やし、今は(8kg)7kgまで来て足踏み。
それでも、今までここまで来るまでに体調が悪化してイチからやり直ししてきたので、基礎体力や体調は全体下がっていますが、まずまず上出来とも言えるかもしれません。

180806-IMG_3048.jpg


そして今日は退院して4度目の定期検診でした。
そんな感じもあり、基礎力低下で全体疲れやすくなっているものの、バイタル的にも悪くはないので、少し改善しているかもと期待して結果を見ると、そうでもありませんでした。
やや筋力が増えたことで悪化したと解釈できる指標もいくつかありますが、免疫力(主な項目の一つ)がこれまでにない程更に低下、通常下限値の1/4という危険域。よくこれで風邪や感染症、副作用が出ないなと、、、。
おそらく薬による影響が大きいかと推測。逆に言うとそれだけ効いているとも考えられるのですが、効きすぎていると思うので、担当医に相談して、少しさじ加減を変えてもらいました。
この薬は退院前から適用して当初、体調が悪化し悪影響が大きいように思えたのですが、その後時間が経過して段々馴染んで効果を出し始めたと認識を変えました。色々なことが複雑に絡んでいるので、(効果のあるモノ程)相互作用がおちつくまで時間がかかるのかもしれません。
しかし免疫ってほんとに不思議、複雑で多岐多様、興味がつきません。
2018/08/03

浪人ぷう ふら旅 Thai 釣り(2



2018年8月3日(金曜)

本日も暑うございました。
今日はさすがに私も暑い日だと思うほどの晴天、無風、そしてじっとりする湿度。。。
日暮れに歩いて、たっぷり汗をかいてから、涼んでスッキリのびております。

旅の話の続きを。

2018年7月2日(月曜) 

釣宿に逗留して翌朝、静かな夜明け。

180803t-01_IMG_9930.jpg


ゆっくり準備して、徐々に旭が昇ってきて、この日も快晴、よい天気に恵まれそうな予感。
朝マズメはいいですね。天気がよいと、それだけで何か期待感みたいなものが自然に満ちてくるようで。

180803t-02_IMG_9943.jpg


この日も同じ船頭さんに案内してもらい出船。
月曜なので出る船は少なめでした。
岸から竿を出してティラピア釣りの人はそこそこ見かけました。

午前中、少しモヤがかかる程のベタ凪、湖面はシワひとつないような静けさで、絶好のボール打ち日和。昨日に続き、直ぐに数個発見。次々と打って行くも、やはり週末のプレッシャーでしょうか、やがてボールも消えて、直ぐには見つからなくなる。

180803t-03_IMG_9948.jpg


これはというのをしつこく追いかける。すると待望のアタリが来た!
なんかヘン。。。カスープ?? 

180803t-04_IMG_9949.jpg
180803t-05_IMG_9951.jpg


うーん、良型のティラピアでした。。。

だんだんお昼が近づいた頃、名人Junさんも言っていた、小さ目の期待値の高いボールを発見。これはチャンスと力を入れて打ち続けていると、ついにアタリがきてヒット。
こちらに走ってくる間にもう一度フックアップ。バレないでぇ~と思ったら、ふっと軽くなってバラシ。。。。その後のお昼で上がるまで15分程追いかけるも時間切れ。

180803t-06_MG_9958.jpg


お昼をとり、休息していると徐々に風が強まって、天気の変わり目の予感。
準備をして船頭さんへ出発を促して午後の部開始。

180803t-07_IMG_9961.jpg


案の定、すでに湖面は波立ってとてもボールを打つ雰囲気ではなくなってました。
バズ打ちをして凌ぐも、船は流れるし、キャストの軌道を曲げるし、風はホントに邪魔モノです。
波をかぶって濡れながら、風上側の岸へ移動。
バス打ちをしながら、比較的穏やかな湖面の部分で諦めずボール探し。午後の心地よい疲れが出て、あくびを殺しながらしばらく探していると、船が速度を落とすと合図。眠い目を凝らしてボールの位置を確認、といった感じで、数少ないチャンスに向かうも、ボールは直ぐに沈んだり、水草に消えてしまう。。。うーん、午前中のバイトが悔やまれる。。
空模様は段々怪しくなり、ついに雨がやってきそうな雰囲気に、今回もダメだなこれはと思いつつボール探しを続け、時間切れかというときにボール発見。

180803t-08_IMG_9967.jpg


最後のチャンスと、半ば諦めつつも気合を入れてルアーを変え替え打っていると待望のアタリが来た! おー、信じられんと、思いながらもう一度フックアップ。こちらに走ってきているので、予想した通り軽く直ぐによって来るが、早くも船頭さんがタモ網を持っている姿を見た魚が、驚きそのまま船の下をくぐり一気に走る。船の真ん中で、かわせないのでなんとかロッドを突っ込んでしのぎ、再び寄せると、お!いいサイズじゃありませんか。が、また早くもタモを入れようとする船頭に驚いて、同じように突っ込んで走る。タモよりは船を廻してくれと思いつつ、同じように凌いで寄せたので、よ~し、これはなんとかバレないで獲れるかも、焦らずじっくり行こうと思いつつ、3度めに走ったときふっと軽くなってしまった。。。(T_T)。。あぁ、相変わらずの下手くそ、、、、。
その後、残り少ない時間も続けて打つが、もう幸運の女神は微笑んではくれませんでした。
面白いもので、記憶に残るのは逃した魚。釣った魚は写真を撮っても記憶からは薄れていく。。
そしてまた一尾追加です。

180803t-09_IMG_9974.jpg


今回の釣行を振り返ると、幸い通り雨にも会わず、最高の釣り日和で、いい感じの場所に泊まり込んで、思いっきり釣りが楽しめました。
これも全て、予約準備から現場調整までいつものきめ細かさ、的確さで段取りしていただいたJunさんのお陰なのでした。
そして今回は更に秘伝の名人テクニックまで細かく教えて戴き、その上実績のルアーまでおかりしての大名釣行の私でした。。。
毎度まいど、何から何まで、手取り足取り大変お世話になり感謝と同時に恐縮です。
またお言葉に甘えて、遊びにお邪魔しますので宜しくお願いします。m(_ _)m


尚、ボール打ちという釣りについて、以下、私の進歩(?)
これまで全くの我流まま、思うように結果が出ず、まぁそれでも手探りでやって行けばいいと思いつつも、どこかに疑心暗鬼になっている部分を拭えないまま打っているところがありました。今回は、名人に色々と細かくアドバイスを戴き、その実績のルアーもお借りして、自分なりに理解しながらやってみる機会が得れれたことは、非常に有意義でした。(今後のルアー製作にも)
ルアーを作り始めてからは、やはり自前のモノを使いたいので、どんどん市販のルアーは使わなくなり、完成度の高い評判のラパラは一層縁遠くなっていました。今回Junさんからお借りしたルアーはやはり実績のモノだけあって、どれも秀逸、そしてプラスチックになったラパラも使ってみて、やっぱりミノーの代名詞、キング・オブ・ミノーだということを、今更なんですが、再認識することができました。
一方で、それと比較しながら自分のモノもあれこれ使ってみることで、これまでの疑心暗鬼を(とりあえず)消すことができたことは最大の成果でした。一つの)方向性が見えたのは、私にとっては小さくも確固とした実感と希望のある一歩となりました。


2018/08/01

浪人ぷう ふら旅 Thai 釣り(ランチ&ディナー


2018年8月1日(水曜)

八月に入りましたね。
今週末が夏もピーク、暑い熱いと言っても、来週末をすぎれば秋が忍び寄ってくるでしょう。


旅の話の続きを。

2018年7月1日(日曜)~2日(月曜) 

釣宿のお昼です。

180801t-01_IMG_9894.jpg
180801t-02_IMG_9896.jpg


焼き飯も挽肉炒めご飯(カオ・ガパオ)も、山盛り、期待する平均点以上の美味しさ。


夕食、日も暮れる頃、静かな湖畔の美しい風景を眺めながら。

180801t-03_IMG_9910.jpg



写真付きの立派なメニュー、料理も沢山あるものの、がっつりというよりも、少し軽く食べようと思っていたので、Junさんも、パッとこれだ!と食べたい料理が見つからず。。。
注文取りに来た愛想のよい従業員さんに聞きながら決定。

ゲン・チュー・トウフ、スープの味も具も色々入っていて、これはとても美味しかった。

180801t-04_IMG_9919.jpg


スープだけど、具だくさんのちゃんこ鍋みたいなのも、返って好しです。

それに定番の空芯菜炒めは、少々濃い目の味付けながら、外さずやはり平均以上だし、

180801t-05_IMG_9922.jpg



トート・マン・クンは、大きさに驚き、普通の2倍以上で、カラリと揚がり、味も中々。

180801t-06_IMG_9924.jpg


少食の二人では、食べきれず。スープ(鍋)とビールだけでも十分のボリュームでした。(o^0^o)


一言でいうなら、良質な田舎料理でしょうか。
日本でもそうですが、田舎の素直なもてなし(料理)の特徴は、沢山(具だくさん)、濃いめの味付けかと思ってます。
そんな良心的な普通のスタイルが色濃く残る品々でした。
尚、料金もとても良心的に二度驚き!
都会のスマートなモノ、嗜好やアイデアを凝らしたモノ、シンプル&ストレートなモノ、味つけも盛りも多種多様な料理も、それぞれ良いものがあるかと思いますが、こういう田舎料理も私は大好きです。根が田舎モノだからでしょうけどね。

続く