2017/08/12

モルジブ 音楽と浪人鯵



2017年8月12日(土曜)


暑さの頂点を越したような気配。
今日からちっぽけなお盆休み。
疲れでぐったり、なにもせず休息です。

毎朝仕事へ行く時、つくづく自分が変わったと思う。
変わったというより、色褪せ、枯れて粉々に砕かれたような気分でしょうか。。。

そして20年位前のことが懐かしいこの頃。
初めてモルジブに行ったのは、そのちょうど20年前、1997年でした。

帰途マーレで買った音楽CD、2枚

RCS [ Hithuvindhu ] , Varous Airtists [ Misraar ]

170812-01RCS - Hithuvindhu 170812-02-Misraar.jpg



旅行から戻ってからも気に入ってちょくちょく思い出しては聴いてましたが。
旅の思い出とかと切り離しても、今なお飽きずに楽しめる音です。

表現がよくないですがエレクトロなチープな音が、インド洋の穏やかな風のように流れ、
マダガスカルやモーリシャスのアフリカっぽい音とは違う、やはりスリランカやインド、インドネシアの匂いを感じます。それにやはりイスラムの影響がスパイスのように効いてます。
[ Misraar ] こちらの方が色んなバンド、歌手で楽しめ、男女のヂュエットなんかも面白い。
ハープのような弦楽器の音、メロディー、華やかなポップス雰囲気、経典を詠むような抑揚の節などが心地よいです。



この旅、そもそも釣り目的でした。
この前年の夏、とにかく浪人アジを釣りたいと思い立ち、何も考えず、近くの釣具屋でペン8500とウエダのGTロッド、そこにあったアメリカ製か、ちょっと大きい目のポッパーを買って、
とにかく南の島、ビーチ・リゾートに行けばなんとかなるだろうとJTBのフリー・プランでフィジーに行った。
かなり周囲からも浮いてましたが、色々と面白い旅になってそれはそれですごく良かったのですが、目的のはっきりしているモノのついは、やはり準備・計画がやはり大事と痛感したのでした。
で、一応事前に情報も調べ、準備して、初めて行った釣り目的の旅がこのモルジブでした。

そして初めて釣った浪人アジ、小さかったけど、大きかったです。
もはや実感はないですが、記憶にはしっかり残ってます。

170812-03-970426-Moldive-GT.jpg
スポンサーサイト
2017/07/29

音楽) 振り返るランキン・タクシー 



2017年7月29日(土曜)

蒸し暑い梅雨の名残のする日です。
真夏の午前中、静かにゆっくり時間が流れていくような最も好きな時。
思わず「カリビア~ン」って、無意味にウキウキしてくる季節。。。


1989年のデビュー・アルバム「火事だぁ!」から
最後のアルバム(?)1996年の「Watating」までベスト版を入れて7枚。

170729-01_Rankin Taxi 火事だ 170729-02_Rankin Taxi ワイルドで行くぞ
170729-03_Rankin Taxi-さっすがスティーブン 170729-04_Rankin Taxiーアワワ

170729-05_Rankin Taxi-全記録発言 170729-06_Rankin Taxi - Ruff Biz Today

170729-07_Rankin-taxi-waiting.jpg


日本語でDJ・レゲエをぶっ放す、そのスタイルを広めた伝道師。
本場ジャマイカでもダンスホール・レゲエが人気の中心となり、日本でもじんわり加熱。
深夜)TVでも紹介されたりして、一躍有名となった。

それはバブルの終わる頃、まだまだイケイケ・どんどん、時事&社会ネタなどを中心に、、日本語のフレーズにも頭をひねって、立板に水の如く小気味よいリズムに乗せて喋る、歌うのが痛快に心地よく響いたものです。
「若けけりゃいいてもんよ」とまでは行かないまでも、私自身もまだ若く、仕事も遊びも一生懸命本腰を入れて調子に乗り始めた頃だったか。。

年齢も増えて、持病も抱えて身動きも思うようにならなくなり、矢尽き刀折れ、周りに暗雲立ち込めて、気力も消耗してくるにつれて、だんだん聴く音楽も安らぎの音、声を求めるようになり、ついには生きる糧であった音楽を聴かなくなったのですが、徐々にまた音楽欲求が出てきました。

そしてファイルを整理しながら、最近思い出したのがランキン。
「Ruff Biz Today」(1995年)を携帯プレーヤに入れて、散歩しながら[Big UP アミーゴ]を聴きながら、
今から見ればですが)もうあの輝かしい、生き活きした、恥ずかしい頃は戻っては来ませんが、懐かしいと思いつつも、また僅かに残った気力をかき集めポンプで自分の中に送り込んでみたい気になってきたのでした。

もう25年も前の話。
あっと言う間だけど、遠い昔のこと。
時は戻せない、不可逆な世界だけど、歴史は繰り返すこともあるというのを、少し信じてまた再びカタチを変えて。

2017/03/20

ロックンロールとチャック・ベリー、そしてR&B、


2017年3月20日(月曜)

春分の日、3連休の最終日ですが、今日も気持ちよく晴れてくれました。
暖かくなって天気も上々、珍しく連休にもかかわらず、気持ちは晴れず鬱々。。。

昨日伝説のロックンローラー、チャック・ベリー氏の訃報ニュース。
御年90歳、、逆に長生きだったのに驚きました。

てなことで久々にヒット曲を聴きなおしてみました。
Chuck Berry [Chuck Berry’s Great Hits 40] テイチク/Chess (1992年)2枚組

170320-Chuck Berry - Chuck Berrys Greatest Hits 40


Meybelleneから聴いて、やはり私的な)代表曲は「ジョニー・B・グッド」だなと。。
あの独特のギターのイントロ、ジャケにようなか構え、ダックウォーク・パフォーマンス、、、

そしてつらつら耳を傾けながら、そして昔のことを思い出すと、
初めてC.ベリーを知ったのは学生になって少ししてからの頃だったか、
きっかけは映画「バック・ツー・ザ・フューチャー」の中で、M.J.フォックスが[Johnny B Goode]を演奏するシーンだったような気がします。あの瞬間の笑いとインパクトは強烈に蘇ってきます。
ただいわゆる“R&R”として、最初に聴いて、CDを買ったのリトル・リチャードでした。
この出来事と前後関係は思い出せませんが、この頃は音楽探求欲に満ち満ちていたので、多感でいろんな変化を求めていた青い一塊の時代として懐かしい。
更にこの[Johnny B Goode]自体は、先にレゲエのPeter Toshのカバーで知ったのも拍車をかけて飛び込んできたのかもしれません。

ところで“R&R”、ロックンロールという音楽(言葉)ですが、
これは当時(50年前後)米国の(白人)社会にマグマのように湧き上がる(若い)エネルギーが引き起こした現象を象徴しているもののようかと思います。
そんな感覚をいち早く嗅ぎつけて、反映しながら焚き付けていく媒体、役目はラジオ、DJだった。そんな中にオハイオ・クーブランドの野心的な白人DJ(アラン・フリード)がいたそうで、レコード店で若い白人が黒人音楽であるR&Bを買っている光景を目にし、白人向けリスナーの潜在的に欲求に答える形で、番組でじゃんなん”R&B”を流したそうです。
一方で当初白人社会では急進的なことだっただけに、番組タイトルの中のR&Bをロックンロール、R&Rとししたことがことの始まりだとか。
ちなみにRock, Rollという言葉は黒人が使った隠語で、「楽しく・集まって・やろうぜ」みたいな言葉だそうです。若者にウケもし、ひったりハマったんではないでしょうか。
ブルーズやゴスペル、ジャズ等が優れた黒人音楽が、黒人だけでなく白人にとってもポピュラー音楽として素晴らしいR&Bを生んだことと、白人社会、特に若い白人の新しい社会価値観や倫理観の芽生えと共鳴した結果として、その先に黒人のように歌う白人、猥雑に腰を振りながら既成倫理観をぶっ壊す甘いマスクのスター、エルビス・プレスリーの誕生まで、支配階層である白人社会=米国社会に巻き起こった事象がロックンロールであったのだろうと、改めて振り返りました。

チェック・ベリー、ボ・ディトリー、リトル・リチャード、ファッツ・ドミノ、ロイド・プライスといったロックンロールという音楽が誕生した時代、60-70年前のスター。。。
その時代を体験しない世代となったこれからも、エネルギーを凝縮したこれらの音楽は、際立った個性とともに、これからも不滅かと思います。
少なくとも私にとっては、自分の若い時代をたまに振り返るときには。
2017/03/12

Hey マッド・ワーズ




2017年3月12日(日曜)

震災から6年ですか。
引っ越して一年半。。。。毎日が、時間が過ぎるのが遅いのですが、振り返ると時は経つ。。
今週もやっと週末に辿り着いたら、週末はあっという間。

少し心が癒えてきたというより、瘡蓋をつくっているだけなのだろうと思いますが、
それでも落ち着いて音楽を聴けるようになってきました。

ずっと頭の片隅にあったHDのデータを整理しながら聴くことに。

昨日の午後、再発見した作品、Mad Wards 「Hey!Mad-Wards」日本晴レコード
1994年結成のバンド。1996年の1stアルバム。

170312-MAD-WARDS - Hey!MAD-WORDS


思わずプっと吹き出したくなる冗談のような歌の数々。薬味の効いた皮肉、ジョークをユーモアあふれる言葉遊びが、お気楽なジャイブ、ブルーズと共に流れてきます。

昨日は、この作品の3.「恋するラバ~Loverらば~」からのフレーズが響きました。
「ムチを打たれても痛くない。誰にも心を預けてないから、痛くない」


せっかく引越し前に取り込んだのに、データが結構沢山壊れてるのには参りました。。
しかしダンボール詰めにしたCDを引っ張り出すのは面倒。
データの復旧と現物の整理は、この先色々落ち着いてからにして、それまで気持ちを維持していきたいと思います。
2017/02/19

久々音楽、砂漠のブルース、Abbar el Hamada


2017年2月19日


今週もやっとたどり着いた週末、今朝は晴れてくれました。
先週、かなり久々に音楽(CD)を購入しました。
こちらに引越して来て、退院してからというもの、体力的には徐々に回復してきたものの、
精神的には追い詰められる一方で、常に傍らにあった音楽すら聴けないというか、気づいたら聴きたい気持ちすら奪われてました。。。
何も期待せず、望まず、こころを動かさず、フラットに過ごしているうちに、少し気持ちに余裕というか、落ち着きができたのかもしれません。
そしてもう少ししたら、これはこえで全てが終わる、という予感によりかかりつつ、その先は考えずに、、、

再出発の1枚とまで、真面目に考えずチェック・リストから、選んだのがこの1枚です。


Aziza  Brahim 
[Abbar El Hamada] (Glitterbeat Records)
邦盤はライスさんから (ハマダを越えて) のタイトルで出てます。


170219-AZIZA BRAHIM-Abbar el Hamada

西サハラ、アルジェリアの難民キャンプで生まれ、Cuba,Spainと活動の場を広げるアジザさん、
このアルバムが、今回初めて入手(たぶん?)。
コンピ以外では、これが2作目のようです。ジャケにある風景、Hamada(アマダ)とは、サハラ砂漠地域の岩石砂漠のことだそうですが、かって居たキャンプを意識してのものなのはあきらか。
基本的には独特なギターのメロディ、リフが効いている、砂漠のブルースに分類されると思いますが、全体にさらりと風が吹いていくような音の流れのなかに、デザート・ブルースのこぶしに答えるように、どこか別なアフリカの要素が入っているのが面白い。
大好きな砂漠のブルース歌手、Mariem Hassanとはまた違い、どちちらかと言えば、多くの人に受け入れられる、かなり聴きやすい作品に仕上がっていると思います。

先程からPCから取り込んで、携帯プレーヤで繰り返し聴きながら、
行ったこともないアルジェリアにも、訪れるような機会来るような奇跡が起こればいいなと思いつつ、貴重な休日を過ごしております。