2016/11/27

Hasta Simepre


2016年11月27日(日曜)

昨日のニュース、

Castro氏、 盟友Che Guevaraのもとへ


161127-IMG_9937.jpg


Dos comadantes grandes, Los decimos

Hasta Simepre





Cuba、いつも再訪したいと思う国i

スポンサーサイト
2016/11/26

QOL 


2016年11月26日(土曜)

11月も終わり、米国流にも乗っかり、昨日から年末商戦ですか。。。
相変わらずトランプ大統領と久々に出た津波警報が今週の大きな話題でしたでしょうか。
そう言えば、AFN-radioを聞いてたら、APECへ途中、日本の首相がトランプ大統領と会談した話は、全く(?)出て来なかったようで、逆に福島の地震と津波の速報はしっかり流しておりました。
Japanese Prime minister Abeというより、米国では日本はその程度の認識なんですね。昨日流れた日本の短いレポートでも、万引きの話で、高齢化やストレスが高まることによる事例が増えていることは放送してましたが。。。
どこも国のネット他媒体も、自国に影響・関係しそうな話題を中心に流すのでしょうから、そんなものなんでしょう。自国中心で完結傾向の強い大国と、その影響を受けやすい小国に違いはあって当然ですが、周辺大小の国々、自国の瑣末なことまで気にして支離滅裂(自滅)に陥りがちな我が国とのギャップ、すごいというか、ふと、こんなところにも異質な気質とうか雰囲気が出ているような気がしました。。どうでもいい世間話でした。

今日も冷え込みが益して、朝がよけい辛くなってきました
やっとたどり着いた今週末も、ぼけーっとして始まり、またあっと言う間に終わりそうです。

その地震のあった(火曜)日、病院へ定期検診に行きました。皮肉なことに休んで面倒な病院へ行くと、職場と仕事のことを忘れて、一日でも逆にほっとします。
空腹感も高まりこの日、検診を終えてお昼は、すき家にしました。
何年ぶりというよりも、病気になる前は殆ど食べたいと思わなかったファーストフードなんですが、病気になって食事制限の中、バーガーでも牛丼もチキンでもラーメンでも何でもいいから、食べ物屋の前を通るたびに美味しそうな商品の写真と匂いに刺激されて、メニューを片っ端から注文して食べたい、という衝動を抑えて来ました。さすがに得体の知れないミンチ肉を信じられない衛生感覚で扱う工場の映像を見せられた処は今も食べたいとは思いませんが。。

そしてついに禁を破って、食べてみたかった牛すき鍋を、ご飯大盛りで注文。

161126-すき家レシート1122bl


味付け(塩分)が濃過ぎかなと感じつつも、正直、美味しかったです。
鍋に入っているうどんとご飯大盛りで炭水化物一杯なのですが、満腹にはなりませんでした。
やはり体と頭のバランスがどこか壊れて来ているんですね。。。。
店を出てあるきながら、こんな極々普通の、誰も珍しくもないことがイベントになる自分の姿を改めて感じつつ帰りました。
そう言えば、軽い鬱というかやる気の無さの続く毎日で、段々と身だしなみも気にしなくなって、寒くなってくると毎日風呂に入ることすら益々億劫で、2日も空けてしまこともあり、朝起きて自分の加齢臭が広がった部屋にうんざりして、思い出したのが先日スーパーのレジに並んだときこと。
人が少ないのでラッキーと思ってそのレジに進んだのですが、すぐに異様な悪臭に気づいたら、前に居たのは浮浪者(?)でした。なるほど。。。
観ると、帽子をかぶり、よれた汚れた服、擦り切れた草履に素足という姿ですが、まだわりと若い男性で、顔はふっくらとツヤツヤしてました。私より遥かに健康そうでした。。。。万札出して、肉をたくさん買ってましたので、これから仲間とBBQでもしながら一杯やるのかなと、鼻と息を殺しつつ余計なことを想像してしまった。。。
話を戻すと、そのときの強烈な臭いが、ふと自分の加齢臭というか出している臭いの中に微かに感じたのでした。

最近は副作用で糖尿にまで足を踏み入れてきており、ますます食べてはならないという強迫観念が、億劫さに加わり、ちょっと自炊するのも面倒で、もう今夜もカップ麺とかでいいやというのが多くなってます。。これでは栄養バランスなどなく、単にデータ上だけの食事管理にしかなってないのですが。。
こうやって徐々にじょじょに、そして確実に、やる気というか気力が消えて行き、いつの間にか小さな端々の生活の仕方から蝕まれ行き、そして生きることの質があらゆる面で下がってきていることに悄然と垂項垂れたしだいです。。。。
2016/11/19

プリンタ&スキャナ故障・修理 再



2016年11月19日(土曜)

冷え込みは緩んで、雨模様の朝。相変わらずグダグダした気分。。。。
14日のスーパームーンも雨で見えずでしたが、二日後の16日に少し欠け気味の大きい月を観ることができました。
風のない温かい夜の散歩。薄汚れた空に浮かんだお月様も、心なしかいつもより近く明るく、そして変わらず静かに無言のまま世のかなを照らし出してました。

さて、再びプリンタ・スキャナ複合機の故障の話の続き。
一度メーカへ直接修理に出して、サービスレポートに「点検の結果不具合なし」と戻って来て、
http://pescabonita.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

ダメダこれはと、すぐに代替機にシートフィード方式を購入したのですが、フラットヘッド式のほうが都合が良いものもあって、やはり無いと不便。。。
だましだまし使おうかと思ったのですが、益々悪化して完全に読まない状態に、駄目もとで再びメーカのweb修理受付から依頼。(素人ながら、エンコーダがイカれてると予想)
早速、コールセンターから履歴を調べて返信があり、ヤマトさんが(梱包容器も用意して)引取りに来てくれました。
メーカ(ブラザー)のカスタマーサービスの迅速な対応は今回も素晴らしいなと感心しながらも、今度はそれ程期待もせず、土曜日に送り出す。

すると今回も早々に月曜日の夜、(ヤマトさんから)翌日(火曜)に修理品が戻ってくるメール連絡が。。
あまりに速いので、またもや点検のみか?と、疑いつつ受け取る。

161119-01IMG_0092.jpg


開けてまず、故障レポートをチェック。今回は部品(読取ユニット)交換したようでまずは安心。

161119-03blブラザーレポート


接続してスキャンして動作確認。

161119-02IMG_0100.jpg

161119-04bl-brother修理test

ノイズ消えて、きちんと色も出て、異音もなし。
数回連続スキャンしても、アラーム表示も出なくなり、完全に直った模様にやっと安心しました。

きちんとした不具合ならば、値段の多寡や手間から面倒と諦めず、クレーム相談するべきですね。

ブラザーのカスタマー・サービスはシステムの形だけでなく、きちんと機能して顧客満足させると見直しました。

2016/11/12

「食卓の情景」 (文庫)本



2016年11月12日(土曜)

昨日は午後から暖かく、今朝も晴れて冷え込みも薄らぎよい天気です。

今週はやっと決着のついた米大統領選で世界は持ち切りでした。
いわゆる世の中で成功した支配階層やそれを維持するシステムや情報操作(メディア)に、怒りや反発が強くなってきていることということですね。
Brexitの時と同じく、遠い無関係な私でさえ、なんかどこかワクワクしているのも我ながら面白い。。。。なんだかんだ言っても、黙々と現状に対する不満を沸々と心に溜めている人がたくさんいるというこなんでしょう。余裕のある方々は周りや世の中に感心を向けて自分の肯定的、否定的な感情や信条を表せる一方、追い込まれ、自分のことで精一杯な人々は静かにひたひたと自らの気持ちを詰込んでいるのでしょうから。

気分がどうであれ、土曜日の午前中が唯一ホッとする貴重な時ですが、今朝も天候とは裏腹にうんざり感で淀んだ気持ちを引きずったまま。
落ち着かない職場に、親会社からも干渉が益々強く、何かにつけてイチャモン、余計なお世話なばかり。全体よくない状況で、どこも苛立ちや不満が強いのはわかるが、そのはけ口は弱い立場のところへ集まってくるもので、目も耳も口も塞いでうずくまるばかり。

そんな秋の夜長、就寝前に一冊「食卓の情景」(池波正太郎)

161112-bl食卓の情景x


池波正太郎さんの「食」にまつわる随筆が好きで、文庫で出ているものを続けて読んだのですが、その中でもこの作品集が印象深いです。
前住んでいた所の近くの居酒屋魚康さんに通っていたころ、ある日若い料理人が近く辞めると挨拶された。聴くと、別な店も経験してやがて独立したいという。落ち着いた真面目そうな若者だったので、何かの足しにでなればと思い手持ちのこの1冊を渡したのを思い出します。
最近になって大事なこの作品集がそのまま空になっているので、便利なネットで購入しました。
そのままバラしてスキャンしようと思ったのですが、またパラパラとめくって読み始めると病気になってから別な視点というか気持ちで読んでも、ついつい感じ入ってしまい、この頃は毎夜ベッドに横になって少しずつ読んで、気分をすこし軽くさせてもらってます。
池波さんの「食」の話は、俗っぽい言い方しかできませんが、作り手の動作、出すものに隠れた気持ちが、そこに出てくる食べ物の色や形、焼ける音や匂いと共に思い浮かべ、食べ手と共に、例えばどんどん焼きなどは、出来立ての香り、アツアツとした美味しさを感じながら、食べ物がこれほど深く人に関わり、人間模様や人生、人々そのものを映し出して、その味が心の中に沁みていきます。
だらだらと気分転換に書いてたら、お昼も近づいて来て、腹がよけい減ってきました。
だけどガマン。。。味気ない日々です。