2016/12/31

方丈記 (心の旅)


2016年12月31日(土曜)

今年もいつの間にか大晦日です。

皆さんご存知の、鴨長明のエッセイ、
名文句から始まり、和漢造詣を織り交ぜながら、「格調高い」文章で世の無常を綴る古典ですね。
全五章で構成されてますが、短い作品で比較的取りつきやすく、「和歌の語法、漢詩の対句手法を取り入れ整った文章」と言われるだけあって、慣れない古語もブツブツと朗読しながら読み進めると、どことなく沁みてきます。
日本語の響き、日本人の情感が心地よいです。
(まぁ、日本人も様々なので、、、)


161231-IMG_0166.jpg


有名で馴染みのある冒頭の一節に、醸し出す無常に知らずしらず誘われてしまう作品ですが、何か哲学的というか、悟りや救いとなるような思想の結実はなく、長明本人も第五章で急に自分自身を振り返り、「わずかに周利槃特が行ひだに及ばず。・・・。その時、心更に答ふる事なし」と結んでます。
いわゆる悟りや心の安らぎなどは、そうそう簡単に得られるものではなく、一度何かの頂点やある一点に達したとしても、それも永遠に続くものでもないかもしれない。
この方丈記にある「魚は水にあかず。魚にあらざれば、その心を知らず」ではありませんが、釈迦や何かを極めた人のことは、凡々俗人の私には推し知るよしもありません。でもこの方丈記を初めてきちんと読んでみて、あの名句「時の流れは・・」から、「只かたわらに舌根をやとひて、不請阿弥陀仏、両三遍申してやみぬ」と筆をおいているところに、逆に何か、すごく平凡な感覚的な部分でしかありませんが、共感しました。
体が食べ物を自然に欲したように、心のどこかからか、ふときちんと読みたいと思い始め、徐々にその思いが強まってきたのですが、長明の履歴や方丈記を残した背景なども知り、ちょうどよいタイミングだったかもしれません。


さて、そして来年はどうなることか。。。

今年を振り返りもせず、来年に想いをせることなく、
方丈に毛の生えた程度の賃貸住宅で、ただ800年前に書かれた序段を暗唱するべく復唱。


皆さま、よいお歳をお過ごしください。

スポンサーサイト
2016/12/25

文具券 




日々せまってくる年末。
毎日仕事から帰って、貧相な食事をして、ベッドに戻り込む生活。。。
少ない年賀状の準備もやっと印刷。
大掃除どころか、片付けも少しも捗らいまま。
定期的に日常のゴミ出しはなんとか守り、ゴミ屋敷までにはなってないのでmだよいですが。。。

家探ししてましたら、こんな物が出てきました。文具券。

161225-文具券_1
161225-文具券_2



片付けも兼ねて、これ使ってみようと思って使える店舗を探しましたら、
なんと、2011年?に文具券は廃止、紙屑になっておりました。。。
「日本文具振興株式会社は、2011年6月2日に解散し、会社法に基づく清算手続き(払い戻し等)を6月13日~9月16日にわたり払い戻し受付を中心に債権申し出受付を行い終了しております」




こういうプリペイド型の商品って、意外と埋もれているのではないでしょうか?
銀行の休眠口座やらも含め、せっかくのお金が死んでしまっていること。

そう言えば年末ジャンボの季節、末等の未換金なども含め、それぞれ少額なんでしょうけど。。
なんかそういう仕組みに、知らず知らずまんまと騙されているような気がして来て、税金とかもそうですが、またムカついてしまいました。
どんどん私自身も小さくなって、こんなこと気にするようになってるのかも。。。。
マイナス金利、全く増えないどころか減る一方の収入、増える税金やら医療費などなど、いち小市民・消費者としては、お金に大小に関係なく大事にしたいものだと思った次第です。

2016/12/24

牛めし

2016年12月24日(土曜)

荒れ模様の天気が過ぎ、よく晴れた休日です。

なんだかんだと忙しくなる年末です。
何もする気もしないままにもいかず、バタバタです。。。


先日のこと、自己規制、タガが外れて松屋で牛めしを食べてみました。
松屋はこれが初めて。
牛めし(並み)と豆腐キムチチゲを注文してみました。

161224-松屋161210


驚いたのは値段、税込み¥290とは。
税抜き¥262。。。消費税8%ってホントに大きいなと痛感。
お昼時に行きましたが、フロア配膳など1名、厨房1名?の配置、自動食券販売機などで手間を省いているんでしょうが、
人件費高騰、円安のご時世、、、逆風の事業環境。元締めの食材供給や原価管理から店舗経営やアルバイトに至るまで大変でしょうね。。。

つくづく税金の無駄使いに腹が立って来てくるやら、消費税の意味やら税金の在り方から最近の政策に甚だ疑問をもちながら食べてましたら、豆腐チゲの辛さも手伝ってカッかとしてきました。

しかし店を出て冷たい風に吹かれて、人の心配より自分も危うい状況の現実に戻りながら歩いて帰りました。。

2016/12/03

眼科 黄斑前膜




2016年12月3日(土曜)

師走ですね。。。

ずっと左目のボケ、にじみは消えず、段々悪化してきてるようで、数日前の夜、右と左と見え方を比較していたら、急に左目の視界が真っ暗になり、「なんだ!?」、嘘、失明か?とビビりました。少し時間が経過して、段々と明るくなり見え始めたのでほっとしたものの、左右で明るさが違うことがわかりました。
先々週の土曜日、気乗りしないまま5か月放置していた眼科検診へ。
内科の掛り付け総合病院から近隣の眼医者へ紹介状を書いてもらったS眼科へ再診には行かず、少し離れたところにあるI眼科へ行ってみることにしてみました。
S眼科は2度ほど行ったものの、左目のぼやけた不快感の原因は、「特段見当たらないし、眼鏡が合ってないのでは」と言われ、またもや右目の緑内障治療ばかりになったので。
どの眼科も検査は大体同じ。I眼科でも焦点、眼圧、視力、(精密眼底)検査、眼底撮影と光干渉断層で画像を取って問診。
一応左目の見えずらい訴えは聞き入れ往診して、「黄班前膜(網膜前膜)」との診断。

白内障手術の後、必ず水晶体嚢に濁りが出て、いずれはレーザ治療が必要になりますが、術後3年?ほどしか経過してないものの、去年の入院で大量にステロイドを入れたのでそれかと思ったが、気にするほどの濁りはないと云う。

眼底撮影画像、網膜(黄班)の上に膜が出来て、皺になっているとのこと。
一般的に硝子体の後部、網膜に接している部分が離れる時等に破れ、その破片が網膜の上に膜を形成していく過程で、見えにくくなり、更に周囲の網膜を引張るなどして画像を歪めると言われてます。
それで光干渉断層検査を行い画像で確認すると、その膜が(少し)あるとのこと。
手術で治る(視力が回復する)が、多くは見え方の違和感は軽減されないとのこと。
なんだ、じゃ意味ねーじゃん、って思わず口に出てしまう。
但し、放置して視力が0.5を切ると、術後も視力回復しないので、その程度まで視力が下がると手術を勧めるとのこと。
帰宅して自分で調べたら、手術は硝子体の後部を切り、問題の前膜と一緒に内境界膜という薄い膜も一緒に取り去り、再発を防ぐらしい。
薄く壊れやすい神経の集まりの網膜にくっついた膜を手術で除去するなど、かなり技量が入りそうだし、リスクが高そうだと素人でも思うし、白内障手術をもう少し遅くしてすればよかっと後悔もしているので、歪んだり滲んで見えたりしても、このまま不快感を我慢するしか無いかとがっかりする。世界がはっきり見えないと、かなりのストレスだし生活の気力が益々下がる一方だ。

左目の診察は終わり、「緑内障とかは言われてない?」と。
右目が正常眼圧緑内障だと言われていると返答すすと、黄班前膜(網膜前膜)は失明にはつながらないけど、緑内障は失明につながるのでそちらのほうが問題だと。
また、緑内障の方かと。。。正常眼圧で薬(代表的なタプロス)つけても目の周りが黒くなるだけで眼圧下がらないし。そもそも眼圧が他の薬で下がるかもわからないし、眼圧が高いと網膜の視神経を圧迫して緑内障になるから、単純にとにかく眼圧を下げるほうがいいという考えに、どうも納得いなかない。。。だから治療のモチベーションが出てこない。
信じられないという顔と口調で「こっち(緑内障)の方が心配じゃないんですか? 薬は色々沢山あるから眼圧を下げることは可能だし、それでも駄目なら手術もある」と。

そんでまた、右の精密眼圧測定&眼底検査と撮影、断層撮影してこの日は終了。

161203-眼科クリニック


で、次の予約で視野検査するので、予約はいつ来れますか?
一向に気分ものらず、じゃあひと月後にでもと返答すると、すぐ(来週)にでも来るよう強く言われ、呆れた様子で助手に「じゃあ、予約調整して」と。
ちなみに空気式眼圧測定で眼圧18位だったが、接触式の精密測定では16位でやはり正常範囲(10~21)mmHgの中央だし。。
一方的な感じに多少うんざりしつつも、取り敢えず3週間後で予約しておく。


ふと、眼科では検査結果の写し(単なるデータ)とか貰えないのかなと。
前にかかった眼科の検査結果を自分でも把握してないと、転勤したり医者を変えたときにそれまでの経緯がわからないので、眼底の状態や、視野の減少程度などが追跡できない。
内科は検査結果の写しをくれるし、特に今かかっている病院は全てのデータを何も言わずとも診察のときに説明と一緒に渡してくれるのは患者としてもわかりやすいし、患者と情報を共有できるし、透明性も高い。必然的に病院や担当医への信頼性も高くなる。
どの病院、町医者でも医療データを5年?保管義務があるようだが、患者が使えないと保管しても意味もないと強く思う。
なんとなく眼科(特に町医者)はかなり保守的というか、患者に頓着ない感じがするのは私だけだか?