2017/06/25

ルアー製作 過去~これから (転換点) 



2017年6月25日(日曜)


天気下り坂、梅雨の様相がせまってきました。

最近は振り返ることばかりですが、ターニング・ポイントとなる時は、いつもそんな感じです。
一年半前に引っ越して、自分のことは何も全く手付かずのまま。

ルアー製作道具類もしまったまま。
必要性と動機、「もっと~に、もう少し~」を起点に、好奇と探究の気持ちを駆動力に始めたルアー&ロッドつくり。
最初はGTポッパーから始めて、ミノーなど淡水魚用ルアーへ力点が徐々にシフト。

ケアンズのバラ、色んな外道も面白くて、何度か通っている間に、
これくらいの大きさで、あんな感じの操作に良く反応してくれるモノが欲しいと思い始めたのが、流れが変わる原動力になったのだと思います。

GTポッパーも雑誌の特集記事などの寄せ集めから、断片的な知識をかき集め、とにかくスタート。
シンプルに欲しい機能を追求、木材をガリガリ削って、ざっくり塗って、頑丈にコートして、なんとなく形にしていただけで、そもそもルアーの基本の作り方を知らない、わからないままでしたが。。。
取り敢えずそんな経験をベースに、ミノー等に小さいルアー作りに移行。
どんなモノ(機能)にしたいかは、それまでの実釣で具体的にイメージはできていたので、それを形にすることが喫緊の課題。
ちょうど書店でバス・ルアーの作り方の本も見つけ、大いに参考にして、段々欲も出てきて、できればより繊細に、小奇麗にも仕上げたいなと思い始める。

そうなるとやっぱり道具も重要。日曜大工センターをあちこち周りながら、代わりになるもの、何か他に良いものはないかとせっせと買っては試してみる。小型ボール盤、バンドソーから、塗装用のコンプレッサは3(セット)も買い直して、無駄なモノ(ゴミ)を増やしつつ、少しづつ手探りしながら前進(?)
センスも才能もそれ程ない自分を知っているので、手を動かしながら考えるしかありません。
まぁ、趣味なのでその過程も、もどかしくも面白さではありました。

そんな感じで1999年から2000年にかけて、最初の習作に取り掛かりました。
お勉強の位置づけの習作は、教科書そのまま真似たバイブレーション・プラグ。
同時に欲張ってオリジナルもやってみようとペンシル・ベイトも手がけました。
構造がシンプルそうなので、とっつき易く、練習にはよいと単純に思ったのが理由。

教科書通り作ったモノは見栄ええは別として、取り敢えず形になり、その後の実釣でも期待以上に活躍してくれました。
一方、いきなり野心を持って作ったペンシル・ベイトは、見替えも嫌になるほど悪く、実際に形にしてみて、曲りなりにも意図した機能は望めないと諦めて、そのまましまうことになりました。
逆の意味の記念品(?)、まだ残してあるか。。。
まぁ、スマートではない、凡庸な私、形にしてみて初めてわかるのでした。
おまけに不器用でせっかちな性格なので、ひとつ失敗をしては問題解決して、また別の課題が出てくるといった感じで、自分にも苛々しながらも、これもやってみて良くわかるといいった感じで、少しずつ前へ進むといった感じでした。

仕事終えて、日々過ごす合間に、GTポッパーも作りながら、新たな試作をコツコツと続け、2002年(早春頃?)やっとこミノーの試作に着手。
この試作品、初めてだったもかかわらず自分的には上々の出来で、実釣でも結果がすんなり出たこともあって、有頂天になってしまったのを思い出します。
遊びなのでいつものタフな結果は大体気にしませんが、こんな運の良いことも偶には必要かもしれません。それからの試作もぐっと弾みがつきました。

それに、ついに念願のブラジル・アマゾン釣行へ行ったのも2002年10月。
その時に用意(製作)したルアー(&ロッド)の写真が残っていました。
(まだデジカメを持ってなかったので、定時後に職場のデジカメで撮影したモノです。。(^_^;

170625-1_0210lure2.jpg 170625-2_0210lure1.jpg


オリジナルのバイブレーション(試作品)も完成させていたのもこの頃のようです。

こちらは2000年前後にGTポッパー製作の経験をベースに作ったスイッシャー。

170625-3_swisher1220-1.jpg


ピーコック・バスを念頭に作ったんだと思います。
実釣ではイマイチのまま。。。



記録を見ると、試作を含めてきちんと残っているのは2000年から。
お絵かきソフト(CAD)も益々活用しつつ、やっとPCを買ったのもこの頃で、エクセルでデータ・ベース化や工程と品質管理(?)も始め、活動範囲の広がりと一緒にツールも技術、それに情報もちょうよいタイミングで進化して、世界がどんどん加速して深まっていったかもしれません。

170625-4_03karyu-minow.jpg


で、これからは。。。。?
もう少し落ち着いて、。。。かな。
現場と机(家)を行ったり来たりしながら、やってみて、あれこれ考えて、カタチにして、、溢れる過剰なまでの情報とは離れて、体も頭も行きつ戻りつ(できれば自分のペースで)没頭していく楽しさを、また再び取り戻したいものです。

170625-5_DSC00095.jpg
スポンサーサイト
2017/06/18

再開 ~ 小負荷トレ


2017年6月18日(日曜)


本日はやや雲がかかってますが、ここのところ雨も降らず、清々しい天気が続いてます。
心機一転してひと月、再び体力向上を意識して歩きはじめました。

仕事から帰り、晩飯のあと一休みして、疲れた体と気分に気合を入れて45分~1時間程散歩。
ただ歩くだけだと筋力が戻らないので、アンクル・ウェイトを持ち出しました。

170618-IMG_0565.jpg


まずは0.5kgをそれぞれ足首につけて慣らしてきたので、昨晩から1kg(1個)を腰周りに下げて負荷増量です。あと一月で合計2kgになるようトライするつもりです。

基礎)体力が一度落ち込むと、回復させるのは想像以上に時間と忍耐が必要ですね。
前々から徐々にアンクル・ウェイトも入れて散歩を始めていたのですが、疲労度が相当大きく、夜中に手足が攣り(こむら返りして)、気分も鬱々と上がらないので、度々中断に追い込まれておりました。

手足が攣る(こむら返りする)のは、筋肉自体の疲労と、電解質(塩分)と水分のバランス(調整)が崩れていると認識してましたが、私の場合、水分不足の要因かなり大きいということが、最近気づいたというか、確信できてきました。もちろんストレッチなどで筋肉の疲労緩和を入れるとより予防できますね。

体の疲労は、心の)ストレス(処理)量も強い相関・影響があると想います。
歩くなど有酸素運動はストレス解消にも大きな効果があることはわかってますが、抑圧の続く中では、逆に歩いている最中も、ウォークマンから流れる音も虚しく響くだけで、関わり合いたくない、くだらないことばかりが頭の中に蘇り、鬱陶しさが消えるよりも、いっそう増幅されて疲労感、倦怠感も増し、負の連鎖から離れられなくなることを知りました。

ようやく気持ちを変えた(少なくともリセットしたと強く意識、決意している)ことで、徐々に負の循環を逆転させていこうとしてます。気持ちのせいか、今は目先のことだけですが、反転し始めてきたようにも見えます。
止まっているものを動かしたり、流れを変えるには最初に大きな力が必要です。
意識的に気分をややを高揚させているので、少し疲れも出たりしてますが、このままもう少し回し続けて、固めていきたいと思っています。
ちょうど季節も、夜道を歩くのによい時です。

2017/06/11

懐かしいポラ写真 ~ フッコ  



2017年6月11日(日曜)

部屋でちんたらと片付けしながら過ごしている週末。

書類(ファイル)に紛れ込んでいた写真が出てきて、いや~懐かしい昔。
ポラロイドです。
前の職場で机のマットの下に敷いてあったのを、引越しのときに私物を持ち帰り、そのまま整理もせず運んできていました。

170611-19950814-日立沖堤フッコ


日立港の沖堤防へ渡船があり、その船宿さんが撮影してくれたものかと思います。
95年8月14日とペン書きしてあり、20年以上前か。。。

記憶が曖昧、うろ覚えですが、ちょうどこの頃ではなかったでしょうか、バス・フィッシング人気の爆発から、シーバスという名で、次のメイン・ターゲットにとしてソルト・ルアー・フィッシングがすごい勢いで流行り始めたのは。。。
そう言えば、周囲(職場)でも盛り上がって、釣り情報が休み時間の主な話題だったような。

そんな取り巻いていた環境も刺激になったかと想いますが、ついには平日の早朝、夜明け前、朝駆けして日立沖堤防に渡してもらい、テトラポッドに立って朝陽に向かって磯竿を振り、時計をチラチラと見ながら、暫しひたすら集中。結果が出ても出なくとも、疲れもなんのそので、そのまま出勤するって程に、夢中になってやっていたのを思い出します。。
その甲斐あってか、子供の頃から(ルアーで)スズキを釣ってみたかったという願望も叶い、こんな風に釣れるんだというのが、少しわかり始めて楽しさを加速、ルアー・フィッシングへの情熱と世界が、一気に指数関数的に広がっていったのでした。
そう、何か眠っていたモノが覚醒し、蠢動し始めた愉しい時期だったような気がします。

2017/06/04

食事会 なんば




2017年6月4日(日曜)


今日も晴れ渡り、風も心地よく清々しい天気。

昨日もよい天気でしたが、休日出勤で工事監督と修正作業&洗浄。。。
残業もつかないのでタダ働きみたいなもんです。

さて早くも6月ですね。 
GW明けから全て心機一転の決断、気分をパンパンと叩きながら、埃を落としつつ過ごしてます。
心が少し軽くなり、ずっと気になっていたことを片付けるというか、行動にする気分に。

一年半前こちらに来てから、せっさく近くになったので会ってお話でもしましょうと、これまで旅行でお世話になっている方から連絡をもらっていたものの、体調というか気力が戻らずずるずると時間が流れていました。
そんなことで、やっと腰を上げて連絡し、先週水曜日(5/31)に食事会でもということに。
地球の裏側エクアドルでお世話になった方も一時帰国していて、関西滞在最終日、お仲間でちょうどお集まりになるということで、私も便乗参加させてもらうことになりました。

予約して頂いた難波周辺の「いたずらっ児」というスペイン料理店に参集。

170604-IMG_0564.jpg


平日仕事が終わってからということで、時間も配慮して頂き19:30からにしてもらったので、余裕で到着。ゆっくり周辺を歩きながらお店を探していると、周囲は中国語ばかり飛び交っている。。。ここは何処、ジャイナ?こちらに来てから、病院くらいしか大阪市内へ出ないので、噂には聴いてましたが、ここまでとは。。

さて、そんなことより食事(飲み)会ですが、色んな話を次々と、3時間ほどがあっという間に、愉しく過ぎてしまいました。
それにまずは、これまで旅行のお世話をしていただいて電話とメールでしか面識がなく、今回始めて直に会って話せたこと、改めてご挨拶ができたのはよかった。人柄の印象も変わらず、外見がイメージよりお若いのがちょっと違ったくらい。インドネシアで女学生の集団に囲まれ大モテしたという話もありましたが、なんとなくそんな人柄と外見の一端かもしれません(笑

お集まりになった皆さん、自分の好きなコト(道)をやられているので、やはり生き活きして元気です。
久々にそんな方々のお話を聴きつつ、エネルギーというかこぼれ出る情熱を感じて羨ましくも、私も愉快で少し元気が出たような気分を取り戻せました。

家路につきながら、あの頃からいつの間にか、僅かに残る野生をも消失し、畜生のように、動物園やサーカスの動物のように飼い馴らされた自分を見つめました。。。。
兎にも角にも、ちょうどよいタイミングで連絡してよかったなと、振り返ったのでした。