2017/07/29

音楽) 振り返るランキン・タクシー 



2017年7月29日(土曜)

蒸し暑い梅雨の名残のする日です。
真夏の午前中、静かにゆっくり時間が流れていくような最も好きな時。
思わず「カリビア~ン」って、無意味にウキウキしてくる季節。。。


1989年のデビュー・アルバム「火事だぁ!」から
最後のアルバム(?)1996年の「Watating」までベスト版を入れて7枚。

170729-01_Rankin Taxi 火事だ 170729-02_Rankin Taxi ワイルドで行くぞ
170729-03_Rankin Taxi-さっすがスティーブン 170729-04_Rankin Taxiーアワワ

170729-05_Rankin Taxi-全記録発言 170729-06_Rankin Taxi - Ruff Biz Today

170729-07_Rankin-taxi-waiting.jpg


日本語でDJ・レゲエをぶっ放す、そのスタイルを広めた伝道師。
本場ジャマイカでもダンスホール・レゲエが人気の中心となり、日本でもじんわり加熱。
深夜)TVでも紹介されたりして、一躍有名となった。

それはバブルの終わる頃、まだまだイケイケ・どんどん、時事&社会ネタなどを中心に、、日本語のフレーズにも頭をひねって、立板に水の如く小気味よいリズムに乗せて喋る、歌うのが痛快に心地よく響いたものです。
「若けけりゃいいてもんよ」とまでは行かないまでも、私自身もまだ若く、仕事も遊びも一生懸命本腰を入れて調子に乗り始めた頃だったか。。

年齢も増えて、持病も抱えて身動きも思うようにならなくなり、矢尽き刀折れ、周りに暗雲立ち込めて、気力も消耗してくるにつれて、だんだん聴く音楽も安らぎの音、声を求めるようになり、ついには生きる糧であった音楽を聴かなくなったのですが、徐々にまた音楽欲求が出てきました。

そしてファイルを整理しながら、最近思い出したのがランキン。
「Ruff Biz Today」(1995年)を携帯プレーヤに入れて、散歩しながら[Big UP アミーゴ]を聴きながら、
今から見ればですが)もうあの輝かしい、生き活きした、恥ずかしい頃は戻っては来ませんが、懐かしいと思いつつも、また僅かに残った気力をかき集めポンプで自分の中に送り込んでみたい気になってきたのでした。

もう25年も前の話。
あっと言う間だけど、遠い昔のこと。
時は戻せない、不可逆な世界だけど、歴史は繰り返すこともあるというのを、少し信じてまた再びカタチを変えて。

スポンサーサイト