2017/10/29

会食2 心斎橋


2017年10月29日(日曜)

今週末も台風が続き、外は少し雨脚が強くなってきました。
引越し作業も佳境へ入っております。

金曜(27日)は、よい天気に恵まれ、引越し作業の合間の一時、心斎橋へ出向いて気分転換。
旅行でお世話になっているフリー・ライドの柏木さんと会食。
前回6月に会食した後、また飲みに行きましょうとお願いしておいたのをきっちり覚えてくれ、色々とお仕事、私生活ともご多忙のところお時間をさいて頂きました。

昔からのお知り合いの方がやっている居酒屋<哲や>さんへ連れて頂きました。
店主のご経歴から、釣りにあれこれ関する方々がお客さんにも多いそうで、この夜もたくさん顔を出されて賑やかでした。
柏木さんは顔広く、知人も多いので、そのお客さん方と店主と一緒に面白い昔話などをされて、私も時折一緒に交じり、大変愉快な時間を過ごすことができました。

171029-IMG_1068.jpg


色んな話を次々と聴いているうちに、あっという間に5時間ほどが過ぎ、残念ながら終電もあるので帰る時間になったくらいでした。
前回の会食で、それまで電話とメールでしか面識がなかった柏木さんですが、今回は行きつけ馴染みお店で、店主や他のお客さんとのやり取りするお話を聴けたことも加わり、じっくりサシで色々とお話もできて、外見から滲むお人柄だけでなく、色んな意外な面も拝見することができました。その人柄の幅広さ、人となりの深さの一端だけでしたが、いたく感心、歓心しました。
大阪に移って2年間、心身・体調がイマイチな状態から中々抜け出せず、病院と職場を行き来するだけでの生活で疲弊してきましたが、お陰様で最後にとても楽しい時間を過ごすことができました。
体調と生活をこれから安定させて、旅にも偶には出て行けたらと思ってますので、これからも宜しくお願い致します。
いつか旅でも是非ご一緒できたらといいな思っております。


スポンサーサイト
2017/10/27

2017年 秋 のんびり旅  Thai 散歩とお土産



2017年10月27日(金曜)
昨日からやっと快晴。引越し作業も順調に進んでます。
効率よく、スッキリした形で箱詰めすることを考えながら、詰め込み中。
チャーター便だし、大半が前回のままなので、捨てるか捨てないかと迷わなくていいのもあり、その分早く作業できてはかどります。
ただ薬の副作用で筋力が著しく落ちているので、力がないし、手足が頻繁に攣って困ります。

のんびり旅 最後のパート
2週間の滞在、いつもの生活と同じように、毎日午後から少し散歩して、運動不足解消と気分転換を兼ねて散歩してました。
少し遠回りして、見慣れたスクンビット通り、アソーク駅周辺をウロチョロ。

171027-thai01-IMG_0773.jpg

交通の要所、大きなデパートもあるので人通りも多いですね。
時間もあるので、Terminal 21を観てみました。
再開発してだいぶ時間も経過してると思いますが、買い物をすることもないので素通りしてました。近代的なきれいな建物です。

171027-thai02-IMG_1037.jpg
171027-thai03-IMG_0771.jpg

しかしやっぱり足を止めて観たのは、上階にレストランとフード・コート。。。

街中、あちこち前国王を偲ぶ写真も沢山展示してます。
長い喪の期間を経て、今週はちょうど国葬中ですね。

171027-thai04-IMG_0809.jpg
171027-thai05-IMG_0810.jpg
171027-thai06-IMG_0761.jpg


雨季の終わり、外出時は突然雨も振ってくるので傘は離せません。
折りたたみ傘を持って行っていたので役に立ちました。

171027-thai07-IMG_0751.jpg


近道で歓楽街中を横切ると、昼間は周辺から屋台へお昼ごはんを食べに来る勤め人が集まるくらいで静か。夜に外出もしないので訪れることもなくなってますが、今も人出が多く賑やかなのかな?まぁ、不良外人は相変わらず多いだろうから、変わらずBarを中心に毎夜朝まで飲み続ける人が集まってきてるんだろうなぁ。

171027-thai08-IMG_0805.jpg


最後にお土産(お菓子)を買いました。
セブンにもちょっとしたお土産(お菓子)が置いてあるのでチェック。今回こんなのが新しく出てました。日本の有名なお土産と変わらない(¿)

171027-thai09-IMG_0721.jpg


タイは日本のお菓子が沢山あります。現地製造と日本から輸入したのが置いてます。値段はもちろん輸入品が日本国内より高いです。
湖池屋も2012年にタイへ進出、日本国内で人気のカラムーチョを出してますね。いつもは旅行中に日本のお菓子を買うことなんてない私ですが、ふと何か違うかと、はじめて試しに食べてみました。やっぱり辛さが違ってました。

171027-thai10-IMG_0812.jpg


そう言えば、日本食のお店の種類も増えてるのに気づきました。日本へ旅行するタイ人も多くなり、本格的な日本の味を嗜好する人が増えて、質も上がっているとお聞きしました。
ちなみにレストラン街に吉野家も入ってましたので牛丼並の値段をチェックしたら、日本国内の方が安いくらいでしょうか。
勿論モノによりますが、全体コンビニも含めてタイの物価が上がっているというか、生活レベルが上がっているのを毎回感じます。タイの方たちが日本に気軽に来れるようになったのもこんなところでも納得です。一方、日本の沈み方というか、凋落、斜陽の具合もひしひしと。

お土産(お菓子類)、毎回何か新しいモノはないかと探してみるのですが、結局、一番美味しいと思うのはドリアン・チップス。
実家の両親にも好評なので、今回は5袋も買ってしまいました。

171027-thai11-IMG_9489.jpg


2017/10/25

浮腫み激減。。。(Thai古式マッサージ効果)


2017年10月25日(水曜)

すっきりしない天気、また台風が発生。
昨日は定期検診、病院へ行って、一応移管手続きの準備を終えました。
やや食べ過ぎか、先週末から何故か少し血尿気味、時期が時期だけにと、先生からクギをさされました。

仕事を辞め、9月中盤に悪化がピーク、浮腫みもまたかなり酷く、2年前の悪夢の再来かと恐れていたのでしたが、徐々に体調も戻ってきてました。
そして、気ままな旅行でThaiへ。
2週間の旅行中、完全休息モードだたし、ノー・ストレス、体調がかなり改善。

向こうでは、少し散歩して、軽く食べて、寝るの繰り返し。
それともう一つの旅行の楽しみでもあるのがマッサージ。
散歩の途中でいつものお店へ、何度か通ってきました。。

171025-01IMG_0802.jpg
171025-02IMG_0803.jpg

以前は、主にThaiマサージを2時間やってもらってましたが、前回あたりから足マッサージを1時間ににしてます。特に今回は仕事のストレスから解放されて、肩こりもないので、其のほうがよかったのもあります。
静かな昼下がり、ソファに沈んでまったり、こってり脚/足を揉んでもらって幸せな一時を過ごせます。
今回もおばさん、オカマさん、オトコの人それぞれが、毎日丁寧に1時間みっちりやってくれました。私の思い過ごしかもしれませんが、何故かオカマさんからは好かれるような、、、でも、男の力強さと女性の優しさが合わさったモミは良いモノです。

軽い散歩と、マッサージの効果で、更に一気に浮腫みが取れて、健康な時のようなスッキリした足になりました。旅とマッサージ、最良の療法かも(^-^?
醜い画ですみません。

171025-03IMG_0752.jpg

ここに10年は通ってますが、値段もサービスも変わらず、とてもとても良心的なところも大のお気に入りスポットとなってます。
また次に訪れることができたらいいなと思ってます。

2017/10/23

転居(引越し)準備




2017年10月23日(月曜)

台風21号通過して、少し晴れ間がのぞいて、ここのところ雨続きで鬱屈した気分も少し和らいだ日でした。でもまだ今日は不安定な装いで一雨きそうな気配もあり、スッキリとはまで行きませんでした。明日からは、晴れ間が戻ってほしいものです。

10月も終わりが見え始めて、プー太郎になって2ヶ月が過ぎようとしてます。
大阪に移ってからの生活もそろそろ大詰め、次の生活への最終段階。
各種手きはほぼ順調に完了、あとは残るは引越しとなりました。

171023-01IMG_1060.jpg


こちらに移り住んで、まったく気力もわかない毎日で、前に引っ越した荷物もそのままダンボール積みにしたものが多いので、幸い片付けはかなり軽減されてます。

171023-02IMG_1061.jpg


前回はギリギリまでやって、想定以上に余計な遊びの荷物が多く、詰め込みが全部間に合わず、引越し業者さんに迷惑をかけるし、第一体調が著しく悪化していた上にムチ打っての悲惨な引越しとなりました。
今回は幸い、まぁこんなことになるかもと日々備えて、余計なモノは買い足さず、不要なものをはその都度、整理・廃棄してきたのはよかった。
仕事もないので、時間もたっぷり。
気楽に余裕で作業ができそうです。
とは言え、あまりのんびりして、終盤焦って徹夜なんてないことのないよう、体をいたわりながら、しっかりこれまでの生活の棚卸しをやりつつ、総仕上げを行いたいと思います。

2017/10/22

2017年 秋 のんびり旅 VIP ハタ



2017年10月22日(日曜)
台風21号接近、断続的だった雨が徐々に強よまって来ました。

気まま旅の続き。
2017年10月9日(月曜)
その翌日もJunさんにお世話になって、郊外の釣り堀へちょい釣り。
近場とのこでしたが、月曜朝の大渋滞に巻き込まれないよう、ホテルを6:00に出発。
この朝も、Thai人運転手のノイさんは時間前にJunさんの家を周って、私のホテルも時間通りに来ました。もともと真面目な方なのでしょうが、しっかりしたJunさんの影響も大きいのではないかと、お二人に感心しました。
渋滞に遭遇することもなく、入り組んだ場所に迷うこともなく、ちょうど7:00に順調に到着。

 VIP Fishing、ハタを入れた釣り堀が売り

池は3つ有り、入って左側の2つがハタを入れた池で、右側の食堂がある大きな池にはバラとハタが入っているそうです。画像は奥(休憩小屋)側からなので、左右が逆

171022-thai01_IMG_0877.jpg
171022-thai02_IMG_0876.jpg

JUNさんがいつも週末に来られると、既に釣り人が20人くらいは待機して、池の(水車)周りにスタンバイしているらしいのですが、誰も居ない....はて何でだろ?
平日、月曜だから? 今日は殆ど貸し切りかぁ? と喜ぶ私。
Junさんから、今度の釣り堀大きくないし、しょぼいところだからと聴いてましたが、予想していたよりもずっとしっかりした設備でした。
しっかりした休憩小屋が並らび、食堂と売店もあります。
飲み物と食事類は持ち込みが禁止となってます。ゴミが無闇矢鱈に増えないし、雇用にもつながっていいかもしれません。

171022-thai03_IMG_0875.jpg
171022-thai04_IMG_0878.jpg

右側のハタだけなら通常1,000Bで、釣った魚の持ち帰り自由、右側の混合池は400Bで魚がほしい場合は、ほしい分を(重量)買いだそうです。
風変わりで面白いのは、右側池のハタ、釣り上げたら店側が買い取り、混合池の方にリリースするそうです。腕のよい人は逆に稼げる? 
当然、餌は禁止ですが、ソフト系のルアーはokとなってます。監視カメラの警告もあり。
(地元の釣り人が殆どですが、皆さん、各ルールをきっちり守ってるようです)

171022-thai05_IMG_0873.jpg

釣り開始はきっかり、8:00からとなってます。
管理人さんがやってきて、使用料を徴収。ハタ堀を希望、今日はなぜか、400Bだという。
平日のサービス価格? いやぁ安くなるし、人も居ないしイイわぁと喜ぶ私。
もしかして今日は週末叩かれすぎて釣れないじゃないの? とJunさん。
しばらくして、いかにも常連の二人組がやってきて、丁度釣り開始の時間になる。

171022-thai06_IMG_0883.jpg

まずはJunさんからお薦めのルアーをお借りして、朝イチの勝負に集中。
開始時間が過ぎて、ぼちぼち釣り人がやって来ますが、空き空きなので好きな処に移動して、斜めにも思うようにキャストできました。
殆どが常連さんといった感じで、顔見知りが多い釣り人もちらほら。

1時間経過するも、、、、残念ながらピクリともアタリなし。
周りの誰も釣れてないので、まぁそんな日なんでしょうと、ルアーをあれこれ変えつつ、池を移動しながら、疲れたら椅子に座ってのんびりと続ける。
池の水は海水で、思ったより澄んでました。ティラピアや海水の小魚が端っこを泳いでました。

171022-thai07_IMG_0886.jpg

その後もお昼まで、ハタを釣った人は2人、バラが3,4匹といった具合でした。
Junさんにも一度、バイトがありましたが残念ながらバラし。
とりあえず、お昼にすることに。巡回する従業員に注文すると、バイクで運んでくれます。

171022-thai08_IMG_0900.jpg
171022-thai09_IMG_0909.jpg
171022-thai10_IMG_0905.jpg

炒飯、ボリュームも十分でした。
ビールも効いて、お腹も気分も休息モードへ。
竿を休めて、ちょっとタックル・ショップを覗いてみました。

171022-thai11_IMG_0888.jpg

2軒あり、ちょっと置いているものが違ってます。
ここのオリジナルのルアー、尻尾にフェザーがついたものが人気、実績もあるようです。

171022-thai12_IMG_0891.jpg 171022-thai13_IMG_0893.jpg

小さい方のショップで、色んなところで使えそうな、良さげなラバー・ジグがあったので思わず3つ買っておきました。

171022-thai14_IMG_0911.jpg


今日は、たぶん週末魚が釣られて、持ち帰る人が多いので、魚(ハタ)が居なくなっているんじゃないかな? それでディスカウントしているじゃないかと、Junさん。
確かに。魚の入荷待ちってことか。
しかし、状況に合わせての絶妙な値引、見積りだと妙に感心しました。
そこで少し昼寝をして3時を過ぎていい時間になった頃、気分を変えて混合池で釣ってみることにしました。ちなみに追加両金を払いますが、こちらも200Bの半額でした。

171022-thai15_IMG_0912.jpg

Junさんがお店の人から、情報を聞いて攻略法を教えてくれました。
餌のティラピアのカゴを岸際に置いていて、その周りに匂いでハタが集まってるらしく、岸近くを探るのがよいと。確かに岸際で時々魚がモヤッてます。
早速、排水口の近くで動きがあったので、岸沿いの投げてみたらいきなり根根掛かり。。。
外そうとすると、動き出して慌てて魚だと気づくも、バレてしましまいました。魚のアタリもわからないとは、、これからも暫くはリハビリが必要です。
こちらの池は魚の気配が濃厚なんですが、これが釣れそうで中々釣れない。アタリも偶にコツンときて魚に遊ばれてしまいました。
この日、それでもめげずに自分のミノーを信じて、真面目に集中して続けたら、日暮れ近くになって、やっと私にも釣れました。2匹連チャンに、気分もスッキリ。

171022-thai16_IMG_0917.jpg
171022-thai17_IMG_0922.jpg



常に状況を精密に分析して、アピローチを変えつつ検証しながら答えを出すJunさんです。

171022-thai18_IMG_0944.jpg



この日も天気は上々、渋滞を避けて日没まで目一杯遊んで、愉しい楽しい釣りを終了。
三日間も続けて、しかもお仕事もお休みを取って、貴重なお時間をさいてお付き合い頂き、誠に有難うございました。
いつも精確に、緻密で、隅々まで気配りの行き届いた対応に感謝に堪えません。私は何もお返しもできずに恐縮ですが、また行ける機会がありましたら宜しくお願いします。


2017/10/21

2017年 秋 のんびり旅 ブンマー、バラ



2017年10月21日(土曜)
台風21号北上、接近にともない秋雨前線も活発、今日も鬱陶しい冷たい雨が続きます。

気まま旅の続き。
2017年10月8日(日曜)
翌日もJunさんにお世話になって、郊外のバラ堀へちょい釣り。
開始時間も10:00(~16:00迄)と決まっているので、ホテルでしっかり朝食を取ってから、ゆったり気分で出発。
休日、渋滞もなく順調に到着。雨季の影響か、低い土地柄もあり、道路に冠水のあとがあちこち。あたり一面の養殖場の中、日よけの傘とテーブルが置いてある池が釣場です。
従業員がバイクでやってきたら、釣りを開始。
でも魚は一杯、池も貸切なので、のんびりモードです。
段々晴れ間が出始め、今日もよい天気に恵まれそうな予感。

171021-thai01_IMG_0831.jpg

早速、Junさんから頂いたバズ・ベイトで遊んでみたのですが、全く反応がない。
お魚もまだお目覚めでないようで、Junさんのポッパーにも反応が1度切り、とりあえずTopは後回しにしました。

171021-thai02_IMG_0741.jpg

状況を直ぐに読んだJunさん、直ぐにヒット・ルアーを探し当ててヒット連発。
サイズも上々です。従業員が次々ルアーを外して、池に戻します。
8kgモノをとりあえず写真に撮っておきました。

171021-thai03_IMG_0834.jpg
171021-thai04_IMG_0844.jpg
171021-thai05_IMG_0855.jpg

この日、コツンとしかこないショート・バイトばかり。しかも池の中央付近ばかりで当りがなく、明らかに活性が低い状況。
私は普通にスロー、じっくりルアーを動かして誘ってましたが、全く改善しない。
Junさんの連発パターンは、逆のルアーを止めず積極的に動かしてました。
しかもご自分で微妙な色付けとウェイトでチューニングしたパイク用ルアーが、断トツのヒットでした。
ちなみに赤系のルアーは反応が明らかに悪かったです。

予感通りどんどん日差しが強くなり、穏やかなな風があり、絶好の釣り日和に。
お昼は運転手さんに弁当を買って来てもらい、日傘の下で暫し休息。
冷えた飲み物で水分補給して、木陰で涼をとりスッキリ・チャージ。

171021-thai06_IMG_0839.jpg

昨日より更に手、腕の攣り(こむら返り)が激しく、バラの強い引きに苦心しました。
自分でも情けない程のハンドリングで、魚の当り感触も含めて思い出す、まさにリハビリ。
そしてジャーク・ベイトとバイブレーションに変更して、私もこの日の良型をキャッチできました。

171021-thai07_IMG_0836.jpg

水温も上昇して、ガスが溜まったのか、底に死んでいた魚が数匹浮いて来たのに気づきました。
そんなことからも、雨で塩分濃度や水温が一定しないのが影響しているのか、魚も餌を追うどころか、やる気も出なかったかもしれません。
夕方が近づいて、やっと少し活性が出てポッパーでもやっとアタリがポチポチあり、最後にTopゲームも楽しんで時間いっぱい遊んで終了。

171021-thai08_IMG_0864.jpg
171021-thai09_IMG_0865.jpg


この日、反応が薄く、ショート・バイトが多かったのですが、返って釣れ過ぎもせず、逆に面白いコンディションでした。


2017/10/20

2017年 秋 のんびり旅 Thaiチャドー


2017年10月20日(金曜)   

秋雨前線停滞、冷たい雨が続きます。

気まま旅の話の続き。
2017年10月7(土曜)
この日はJunさんにお願いして、チャドー釣りへ。
前日十分睡眠を取って準備バッチリ、午前4時、さて部屋を出たら、既にJunさんがホテルのロビーで待機。この国で、いつも時間に正確(punctual)に行動されるのは驚きます。
暗い早朝出発、いつもの勝手を知った運転手なので、道中休息しながら順調に目的地へ。
月明かり見えたりが、小雨が振ったりする天候の中、夜明け頃、予定通り到着。

171020-thai01_IMG_7563.jpg

タイ人のグループが前日から来ていたようで、中央の休息小屋も一杯に埋まってで驚く。

残念なニュースがありました。船宿の親父さんは急に亡くなったとのこと。2年前の夏に来た時は健在で案内してくれました。
ここ数ヶ月、コンディションはよくないと聞いているので、焦る必要ないのすが、既に船頭さんも待機していつでも出船できる状態というにで、そそくさと準備して出船。
バズを撃ちまくる日か予想してましたが、ボールがあるようでボール・ゲームに変更。
徐々に雲が消えていき、風もなく、日差しも強くない、上々の天候に気分も上昇。

171020-thai02_IMG_7566.jpg

しばらくしてボールを発見。早速、ミノーで追いかけます。
草むらから出ている時間が比較的長く、よい感じでしたが腕が悪く、残念ながら40分程追いかけるも反応なし。
またクルーズしながらボールを探すと、少ししてまた発見。今度は、草むらに直ぐに入って消えてしましました。
次を探して移動。Junさんの船と遭遇。Junさんもボールを追跡中。
私が既に2個もボールを見たので、もう既にJunさんは釣り上げただろなぁと思いつつ通り過ぎると、近くの草むらでまたボールを発見。
草むらに沿って移動して、中々出てこない。バズとカエルで追いかけると、釣れました。
軽い。。。カスープです。

171020-thai03_IMG_7567.jpg

やがて12時になり午前の部は終了。
Junさんに状況をお聞きすると、朝イチに直ぐに1バイトあったそうですが、噛まれた場所が運悪く、フックアップと共にリーダーが歯ですっぱり切れたようで、それを見せてくれました。
その後お昼前に、しっかりチャドーを上げておりました。

171020-thai04_Th_IMG_0620.jpg

ご本人は、サイズと体色がイマイチだと云われておりましたが、このタフコンでも鋭く状況を読取り、狙い通り苛々させた素晴らしい1匹です。いつもの予感通りやっぱり釣ってましたね。

船宿の女将さんはお元気そうで、相変わらず愛想よく、美味しいランチを提供してくれました。
豚肉炒め、ティラピア唐揚げ、大根煮、鶏カレー、どれも田舎の手料理ですが、ちょうどよい味付けの美味しさも変わっておりませんした。
Junさんから頂いたビールも手伝っていい気分に。

171020-thai05_IMG_7581.jpg

お昼休み、急に曇ってきてあっという間に土砂降り。やっぱり雨季です。
休息小屋の屋根からポタポタと雨水が漏れてきました。

171020-thai06_MG_7583.jpg

運転手のノイさん、船宿の前でお友達と一緒にティラピア釣りをしていたようですが、ピクリともこんかったそうです。10人以上が竿を出していたそうですが、午前中に1匹しか釣れなヵったようで、なかなかティラピア釣りも難しいようです。

1時間半程したら雨は通り過ぎて、ちょうど休息時間だけの雨でした。
なんてタイミング(運)のよい事象に、気分をよくして14時前に午後の部出船。

171020-thai07_IMG_7585.jpg

午後、どんどん晴れ上がり、日差しが一気に強くなり、日焼け止めも入念に重ね塗り。
しかも風がなく、湖水は穏やかで最高の状況。
宿から少し離れたところでボールを発見。いい感じで草むらから出てきてくれ、しつこく追いかけます。久々の釣り、筋力・体力もないので、キャストして巻き巻きが辛く、何度も両手が攣ってしまい苦心。ボールが浮いてくる間に必死にストレッチしては、また攣りを我慢しながら巻き巻き。。。やがて親が近くで動くのを何度か視認、チャンスだと、硬直する手に鞭打って、集中してキャスト、巻き巻きしたら来ました! なんだか軽いな。。と思いながら半信半疑のままフックアップ、、まさかまたカスープかな?と思いながらやり取りしていたら、ふっと軽くなってしまった。せっかくのチャンスを逃してしましました。いいところにバイトしていたのに、いつものツメの甘さが出てしまいました。

171020-thai08_IMG_0843.jpg

その後、同じボールをしばらく追いかけましたが、草むらに入ってしまいまいました。
もう一度バイトがあり、直ぐに船べりまで魚が来てフック・アウト。
カスープかと思ったらボールと無関係の1.5kgくらいの子チャドーのようでした。

1時間以上経過、このボールは見切って次を探しにクルーズ。
刻々と終了の時間が迫ってきて、もう上がる時間と言う時に、ボールを発見。うーん、この時間になって、、、普段は諦めの早い私、最初に上がるのですが、次はいつ来れるかわからないという気になって、この日はちょっと欲を出してしまいました。
しかし約束に時間を過ぎて20分撃つも反応なし。ボールも完全に草むらに付いたので納竿、急いで帰船すると、既にJunさんが帰る準備を終えて待ってくれてました。

171020-thai09_IMG_7586.jpg

雨具をしっかり準備して、それでも土砂降り遭って、ずぶ濡れなタフな釣りを覚悟してきたのですが、予想外の好天に恵まれ、私にも珍しくバイトもあり、チャンスをものにできなかったものの、穏やかな風景の中で、のびのびと気持ちよく過ごせたのは最高でした。
いつもの旅では、釣れない時、繰り返し機械的にキャストしていると、色んなことが頭の中に浮かんで消えて、仕事のことを思い出すのが常なのでしたが、ちっとも思い出さなかったのは驚きでもありました。


2017/10/19

2017年 秋 のんびり旅 Thai 会食(2



2017年10月19日(木曜)

束の間の晴れ間も過ぎて、再び冷たい雨です。

気まま旅の話の続き。
2017年10月3日(火曜)
多忙の都合を調整して、この日もThai在住のJunさんから会食のお誘いを頂きました。
平日、直接お仕事が終わった現場からスクンビットの滞在ホテルまで直行で、またまたお迎え来て頂きました。
夕方、退勤渋滞気味なので、この日はまずBTSを乗り換えチョンノン・シーまで。BTSも満員、チョンノンシー駅では切符を買うのにかなり並んでました。そこからRTS(バス)で移動。RTSは初めて乗りました。専用レーンを走るバスなので比較的時間通りで、両金もルート内一律15Bで便利です。とは言え、道路交通事情の影響を受けるので若干変動があり、特に通勤混雑時はバスが来ないと乗車待ちの列ができ、バスが続けて来ると一気にはけてしまいます。ちょうど3台たて続きに来たところに乗れました。

ハーフ・ルートのバスが折り返しを過ぎて最初の停留所を降りると、目の前が目的地のビア・ホールでした。
ドイツ・ビールを直営(製造・販売)している有名なTawadeeng

171019-thai01_IMG_6564.jpg
171019-thai02_IMG_6568.jpg

中央ホールが2階へ吹き抜けになっていて、正面にステージ、後方に店自慢の大きなビアタンクがあります。ここを中心にテーブルがずらりと並んでます。2階もありますが、平日のためかこの日は1階メインで営業しているようでした。
ステージ前の席の端っこに案内されて座って、あらためて見渡すと、ステージ前を中心にテーブルはもう埋まり始めていました。グループ客が多く目につきます。タイ人や居住する外国人が、会社や仲間内での打ち上げや飲み会に利用するのが多く、その中にツーリストが混じるのといった感じのようです。

171019-thai03_IMG_6595.jpg


店の売りは、直売の生ビールとステージで繰り広げれる歌と踊りのエンターテイメント。

ビールは普通のピッチャーの他、面白いのが冷えた金属パイプ芯にした1.5m程ある筒状のピッチャー。結構な量ありそうで、飲んでいる間に温むとのことなので、グループ向きです。
Junさんお薦め、黒ビールをジョッキで頂くことに。冷えたグラスでその都度注文すれば、沢山いる店員が直ぐに運んでもらえるので、少人数やあまり飲まない人はこちらのほうがいいですね。

171019-thai04_IMG_6577.jpg

さて料理ですが、ここも中々いいものでした。
空芯菜炒め(パッ・プウ・ファイデーン)、風変わりなのは、その芯だけを細く刻んだものを炒めている点。
これが絶妙な歯ごたえで、もともとこの料理が大好きなのですが、すっかり魅了されました。

171019-thai05_IMG_6583.jpg

豚背肉焼き
程よく油のついた豚トロを香ばしく焼いたもの。ビールに合います。

171019-thai06_IMG_6587.jpg

きのこ唐揚げ
普通にマッシュルームとしめじ、椎茸の3種類の茸ですが、下味がちょうどよい加減について、そのままちょびちょびとツマむのに最適です。付け合せのキャベツの酢漬けが、予想外に美味しく、これ単品(¿)でも出してもいいかもと思いました。

171019-thai07_IMG_6591.jpg

そしてここの名物、豚足。
Junさん曰く、この店の名物、イチオシ(¿)の一品なのだけど、量が多いので注文するか迷うところでしたが、せっかくの機会なので注文してもらいました。
私は豚足でしょ? いくら大きいとは言え、そこまで大きい豚もいないだとうと。
で、出てきた大きさに驚きました。いわゆる豚足としてイメージしていた足/手先ではなく、その上の部分、前足(手)クビと膝(肘)の間の部分。確かにここも足だわなと、自分の固定観念が吹き飛ばされました。

171019-thai08_IMG_6599.jpg
171019-thai09_IMG_6606.jpg

揚げる前に、先にしっかり蒸すか茹でるかしているのか、肉はすごく柔らかで、太い骨から簡単に剥がれます。外側は皮がパリパリに揚がっていて歯ごたえもよいです。どこか大きな魚の頭/カマを突きながら食べるような感じです。
ただいかんせん、二人ではともてとても食べれる大きさでないので、途中で腹も食欲も一杯になりました。

もう一つの売り、エンターテイメントです。

ステージでは切れ間なしに、歌謡と踊りが続きます。
踊り手は1回毎にきらびやかな衣装を着替えます。着替えの間も、歌手が次々と出てきてタイ、欧米、日本の歌謡曲(演歌?)を歌って聞かせます。面白いのは、常連のご贔屓? 一緒に写真を撮影したい客がおひねりを、ステージに行き歌い手に渡してました。

171019-thai10_IMG_6611.jpg

月に一度は来るというJunさん曰く、普段は遅い時間になってくると、会場の客も盛り上がり、アップテンポの曲で、一体となって踊りが始まるとのことでしたが、この日は聴かせる歌ばかり。それに気づくと、歌い手さん皆さん黒い衣装ばかり。
そして途中の盛り上がりで、歌い手全員がステージに出て来て合唱した曲、タイでは有名な国民歌(¿)、なんという曲か知りませんが、亡き王様を讃える演出があり、やっとなるほど今月はそういうことなのだと気づきました。これはこれで、中々よかったです。

早い時間にはタイの伝統音楽の演奏も歌謡の合間にありました。
これは20時頃までで終わってしまいますが、私は歌謡よりもこちらの方が気に入りました。
東南アジアの伝統音楽(Classic)と言えば、直ぐにインドネシアのガムランを想起しますが、タイも見た目やはり似てます。
詳しくはわかりませんが、古典はアンサンブルの形式・形態で分類されるようです。
ここでは、鍵盤打楽器(ラナート)と太鼓(タフォーン)がメインで、バックが近代楽器のバンドとの共演でした。最後に演奏したジャジーな味付けの曲は中々面白いモノで、こういった曲を集めてコンピレーションで売ったら買ってもいいなと思いました。(私が知らないだけ?)
全てインストですが、歌も入れるともっと幅が広がって、ワールドミュージックとして売り出せるのではとも思う程です。

171019-thai11_IMG_6608.jpg


美味しいビールと料理を食べながら、愉しい催しを味わえました。
ステージ近くの席は演奏と歌を楽しむのはよかったのですが、音量が大き過ぎ、会話が聞き取りにくいのが少々難でした。次もしまた行く機会がありましたら、云われた2階席で少し離れてステージを見てみたいです。
Junさん、平日お仕事あるのにも関わらずご都合空けて頂き、この夜は午後11時過ぎの遅くまで本当に有難うございました。
2017/10/18

2017年 秋 のんびり旅 Thai 会食(1




2017年10月18日(水曜)

今日はやっと晴れ間が戻ってきました。
でも徐々に冷たい空気に包まれてきてますね。

気まま旅の話の続き。
2017年10月1日(日)
到着早々に、多忙の時間をさいて、Thai在住のJunさんから会食のお誘いを頂きました。
しかも不安内な私のために、傘を持ってホテルまでお迎えにまで来てくれました。
日曜日なので、それ程渋滞もないだろうということで、夕方タクシーでホテルを出発。
チャオプラヤ河畔のJunさん行きつけのThai料理店へ。

171018-thai01_IMG_6309.jpg


幸い雨も上がり、ちょうど、夕焼けも少し見える時間帯、いい感じの景観も添えて、愉しい会食が始まります。
ここはハイネケンの生ビールが飲めます。自分でアルコールの持ち込みもokだそうで、Junさんはご友人とワインなども持ち込んでよく来られるとのこと。
料理ですが、どの皿も平均を超えた安定した味で、火加減もちょうどよいとのこと。
Junさんに、料理の注文もお任でお願いしました。
(きちんとした料理の名前を聞き忘れましたので、適当に私で記載してます)
ナッツと芋類の甘辛炒め、
色んな種類のナッツや栗、芋などを軽く炒めて、タロ芋麺を揚げた容器に盛ったもの。お酒のお供にも最高に合う一品で、最初の皿にも最適。軽く味がついてあり、お酒がすすむこと間違いなし。ちょびちょび食べて楽しめ、冷えても味が変わらない。

171018-thai02_IMG_6312.jpg
171018-thai03_IMG_6313.jpg

烏賊のカレー炒め
蟹のカレー炒め(プゥ・パッポン・カリー)の烏賊版。まず、評判通り烏賊の火の通し具合がよく、キチンと煮えていしかも軟やかの歯ごたえ。ソースはあっさりちょうどよい塩加減、カレーの風味も強くなく、濃い旨味が出た一品でした。

171018-thai04_IMG_6315.jpg

エビとブロッコリの生姜炒め
エビの歯ごたえが同じく、プリプリ感を残した大変よい火加減。生姜がうっすら効いて、あっさりした味付け。減塩の私にはぴったりの味加減。

171018-thai05_IMG_6317.jpg


鶏腿焼き、
下味のついた腿肉を外側はよい感じに焼いて、内側柔らかで火がキチンと通ってます。
生バジルが添えてあり、一緒についてくる小皿のソースと一緒に味わうと、更に味もよくなりました。

171018-thai06_IMG_6319.jpg


気づくと、日没が進むにつれて、段々お客さんもふえてテーブルは賑やかに。
場所もちょっと奥まったところにあり、客層は地元の人と現地居住の外国人が中心だそうです。

171018-thai07_IMG_6320.jpg


全体どれも、味付けも濃すぎなく、はんなり、ほんなり、そしてJunさんの云われた通り、よい火加減、食感、景観もよいお店でした。
一人で病気持ちなので、段々と食べに出るのが億劫になり、せっかくの旅でまともなThai料理を食べる機会もないところでしたが、Junさんのお気遣いで、しかも貴重なお話などもじっくり聴けて、久々に飲んだビールに、1杯でクラクラ沁みて、初日から心地よい愉快な時を過ごすことができました。
2017/10/17

求職活動(1) 初回申請&講習 ハローワーク

2017年10月17日(火曜)

退職して、雇用保険申請と説明会を受けて、求職活動が始まって4週間が経過。

今日は、初回の失業認定日なので、どんなことがあってもハローワークへ行く必要があります。

認定のルールですが、初回認定日までに「求職活動」を最低1回行う必要があります。
それまでに必ず初回「講習会」があるので、それに参加すれば求職活動として1回になります。
初回)認定日に持参するもの

・失業認定申請書 ・・ 申請ごとに配布される所定の様式に必要事項を記入
          (バイトや手伝いなどあればキチンと申請漏れのないよう注意)
・求人アンケート ・・・ ハローワークの総合案内で頂いて、求職活動して記載します。

171017-01_失業認定申告書_bl 171017-02_求人アンケート

都合により、私は少々変則的ですが、初回講習の開催日程に参加できなかったので、先にとりあえずハローワークで求職情報を調べて、求人アンケートを記載して提出。



講習会も人数が集まれば開催で、人が多ければ週2回開催するようですが、大体1度しかないようです。
ちょうど今日開催するというので、早速申し込んで、初回講習も受けました。
会場はほぼ満席でした。
「初回講習証明書」が配布書類と一緒についてきますので、これで講習を受講すれば1回の求職活動になります。

171017-03_ハローワーク初回講習

職員が管区内の求人状況やハローワークでの求職活動についての概要について30分程説明し、
書類作成(履歴書を準備するための自己分析)準備について、DVDを視聴(45分)、その後に職業訓練についてで係員の補足説明が15分程度あって終了となります。

職業訓練は受給期間が一定残っている間に申し込めば、受講費は無料の支援を受けられるそうです。訓練コースは長いものもあり、受給期間が過ぎても、その前に受講していれば、講習期間が完了するまでは支援延長が適用されるようです。
ハローワークでは、とにかく早期再就職を推奨してますが、この職業訓練制度を利用して、何か新しいスキルか、基礎固めをしっかりしてみたい気がしてきました。

171017-04_ハローワーク初回講習_1 171017-06_ハローワーク初回講習_3

171017-05_ハローワーク初回講習_2