FC2ブログ
2017/09/16

ちょい旅(棚卸し) どんどん



2017年9月16日(土曜)

台風18号接近中、徐々に雨脚が強くなってきました。
昨日から、周辺はだんじりの準備が始まり、今朝は5時からだんじりを引っ張る掛け声などが聞こえてましたが、祭りの人にはあいにくの天候ですね。

大阪に戻り、体調がイマイチ、荷物を持って歩いて脚も痛みが残っているので完全に休息モードも私にはちょうどよい嵐かも。


ちょい旅の話の続きです。

2017年9月10日(日曜)

今回のもうひとつの目的は、どんどんへ挨拶に行くことでした。

どんどん、テレビ東京でしたか?、「ユーは何しに~」という番組にも出てしまった丼・居酒屋さんです。
普段TV(無く)を観ない私なので、この放送(2015/10/26放映)を知ったのは、どんどんのママさんから「この間、TVの取材が急に来て今日放送されるみたいだから観てね」と電話をもらい、病院のTVで観ることができたのでした。

170916-2_IMG_0659.jpg


実はこの10日程前、ちょうど私がまさに入院した日に、久々に、偶然にもどんどんからの電話があったのでした。ふと「(私が)どうしてるかな?」と思い出し電話をくれたのですが、以前も(茨城で)入院したばかりの時に、電話をもらいお互い驚いたり、何かママさんの第六感といううか、虫の知らせを感じ取る能力があるのか、有り難いことにこのように時々絶妙なタイミングで電話をくれるのでした。

先輩Sさんに誘われて初めてこの店に来たのは、どんどんが都会の街から縁あって移って来て、まだお店を開いたばかりの頃でした。24年前のこと。
そのSさんも転勤、そして居なくなってしまい、徐々に私も一人お昼に通りかかりに食事に寄って近況を話して帰るくらいになり、やがて震災以降、脚が完全に遠のいていたのでした。

病室のTVから久々にお店の様子を観て、「まぁなんとか変わらず皆元気でやっている」と云って居たとおりだったのを懐かしく、しみじみ見入ってしまったのを思い出します。
その後、私も退院してしばらくして、どんどんへ取り敢えず社会復帰したと連絡。そのうちまた近況報告入れますよ、そして何かの機会で挨拶に行きますからとと、云っていたのでした。

事前に伺う旨を電話連絡しておき、お昼時がよいということだったので、
旅行の帰途につく日、昼間に時間がたっぷりあるので、ゆとりを持って行くことができました。
天気も上々、風も心地よく、ちょっと距離がありますが勝田駅からのんびりと歩いて行くことにしたのですが、途中でリュックが重く感じられ、不要な荷物を駅のコインロッカーに入れてくればよかったと後悔し始めた時、ふと道端の目の前に小さなバス停があることに気づき、何だろうとチラリと見ると、福祉バスのよう。路線、ルートは? 「お、近くまで行きそうな感じだけど、ちょうどよい時間は無いだろうな」と、時間をちら見して、立ち去ろうとしたら、「ん、今何時?」と二度見したら、まるで嘘のようにちょうどバスが止まっていた。運転手さんに声かけて聞いてみると、6号線を越したスーパーまでくらいまで行くと言うので、とにかく乗車。
予想と勘通り、どんどんの近くの停留所まで行くことができた。しかも時間もいい感じで、とってもツイてました。

170916-1_IMG_0657.jpg



ママさんとNAOちゃんが変わらず暖かく迎えてくれました。
残念ながらこの日は、マスターは用事があり不在。情熱家で世話付きで頑固なマスター、持病が結構大変なんだそうだけど、それでも大好きな磯釣りは止めず、気の合う仲間と、この夏も一緒に山形まで遠征したようで、魚拓が天井に貼ってるのを観て、顔を拝見できませんでしたが、安心しました。
しかし実に顔をあわせるのは震災以降、6年半振り。
しばし近況など話をしたのですが、「震災もそうだったけど、世の中色んなこと次々起きるよね。でもxxちゃん、そこにそうやって座って話をしていると、ついこの間会った続きのような感じがして、変わらないような気がするねぇ」と、二人が自然に話すのでした。
殆ど変わらない店内を観つつ、お互いちょっと歳を取った顔の他、私もそんな気がしていたのでした。

170916-3_IMG_0664.jpg


短い時間でしたが、区切りの挨拶ができてよかった。
次はそうそう来れないかもしれないと感じたのか、ママさんが戸口まで出て優しくずっと手を降りながら見送ってくれました。
「私が元気なうちは、ここで頑張ってお店をやってるから、また連絡頂戴ね」と云っていたのが響きながら、振り返ってもう一度手を振って、またいつか来ますからと云って帰途についたのでした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント