FC2ブログ
2017/11/11

転居前後の手続き(1




2017年11月11日(土曜)


穏やかな秋晴れが続いてくれてます。
先週、3日が祭日だったので、疲れの抜け切らないまま、とにかく早めに転居後の事務手続きを開始。
1)まずは新住所への転入手続きですね。
市役所(市民課)へ出向き、備え付けの所定様式(異動届け)に必要事項を記入して手続き。
必要なもの
・前住所の「転出証明書」(10/25日に転出届けをして取得)
・身分証明書
・マイナンバー・カード又は通知カード
本人申請で自書ならば印鑑は不要。
身分証明書、ぼけーっとしていて運転免許証を忘れ、健康保険証を提示。その場合、本人及び家族等に関する幾つかの質問確認がありました。

お役所では、今は何処も転出・転入に関する手続き一覧表にまとめたものをくれてわかりやすいですね。それに次に必要な手続き(窓口)へ親切に案内してくれます。

171111-01-転出資料

171111-02-転入資料
171111-03-転入資料


2)そのまま次は、隣の窓口で国民年金の手続き。
必要なもの
・年金手帳
・その他の書類(必要ならば)、「年金定期便」等
国民年金保険料免除を申請中だったので、その書類を確認。その場で指示される通り、書類に新旧住所等を書き込めば、あとは役所の方で住所変更を行ってくれるそうで、あっと言う間に終わり。

3)あとは(国民)健康保険の手続き
必要なもの
・保険証
同じ窓口の担当者が、そのまま手続き確認してくれました。
私の場合、健康保険組合の任意継続(済み)だったので、その(保険証)確認と、出された用紙に、任意継続手続き済みと自筆で追記するだけで完了。


最後に、もう一度最初の転入窓口で転入手続きが完了したことを確認。
その時に住民票の写しが必要か聞かれるので、必要ならば発行をお願いします。
とりあえず発行してもらったほうが、別の事務処理するものがある人は、後々便利ですね。
運転免許証の住所変更なども以後行う必要もあるし、新住所を証明するものがないので。
私の場合、本人のみ記載の住民票を出してもらい、その足で別の手続きに行ったら、早速住民票の写しが必要だったのですが、そこは世帯全員が記載された様式のものが必要ででした。。。
しかしそこの担当者が、「今日のうちなら、市役所で差し替え交換してもらえますよ」と教えてくれました。市役所へ戻ると、その通り、向こうもちょくちょくあるのか「あ~、差し替えですね」と直ぐに対応してくれました。

基本一人身のお気楽な境涯なので、昨日残りの印鑑登録手続きを行い、市役所での手続きは全て終了しました。

ぷー太郎の身分で時間はたっぷりあるので、残りの手続きもボチボチ適宜やって行こうと思ってます。
一方で、7月から退職直後の9月にどっと体調が悪化してからというもの、益々、予想以上に体が動かなくなって、回復も思うように行かないのがもどかしいこの頃です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント