2017/11/23

GPS魚探 新調



2017年11月23日(木曜)

冷え込みが毎日厳しくなりました。
昨日の雨は上がって、木枯らし吹きすさぶ今朝、また冷え込みが増しますね。

数年前から親父の船にある旧式GPS(ロランLORANと位置表示器フロッピー式地図データ)の調子が悪くなり、ついに先日故障したとの話。
親父は、よく知った漁場なので、山立てとロランの座標表示だけで不都合はないし、偶に烏賊(夜)釣りで不便くらい。それにもう歳でこの先どれだけ乗るかわからんからと、買い替えようとしなかったので、以前一度手頃なGPS魚探(12V、5型)を購入して親父へ送ろうと連絡したが、24Vがいいと云われ、キャンセルしてそのままになっていた。

ついに故障したのでコレを機会に買い替えを促しました。
これらの機器も小型・軽量化、性能も機能向上して、低価格の手頃モデルでも旧式とは比較にはならないほどよいのは明らかなので、私のほうで日頃の感謝を含め、web調査をして手頃なモデル(24V、8.4型)を手配しました。
Hondex PS-80GP、(一つ前モデルかな? 本多電子さんが手頃なモデルを出してますね)

171123-01_IMG_1257.jpg
171123-02_IMG_1261.jpg


早速届いたので、開梱して家でバッテリ(12V)に繋いで試運転です。
GPSがなくても漁(釣り)はできると云う親父だが、手軽に使える機器を使ったほうが楽だし、ポイント探しに時間も短縮でき、無駄な流しも減って、燃費や作業効率が向上するだけでなく、移動する時にあちこちある島や障害物、養殖場に神経を神経をすり減らすことも軽減、安全性も向上するので、家にいるお袋も安心感にも貢献できると期待です。
しかし軽いし、コンパクトです! しかもGPSアンテナ内蔵型なのでシンプル。
昔、茨城でプレジャーボートに搭載していたFUSOのGPS魚探(1996年に購入)はブラウン管式で、小さいし、地図は西日本/東日本の選択で全国表示できないモノ、其の上かなり重いし、高価だった。。。当時30万程だったと思う。
これはコスパよさそう。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント