2017/11/26

GPS魚探 取付





2017年11月26日(日曜)

天気変わりやすく、寒さも増すばかりで、身動きも悪くなる季節に突入です。


新調して渡しておいたGPS魚探(Hondex PS-80GP)、親父さんから自船への取付が完了したと連絡がりました。
早速、どんな感じか見に行ってきました。
前の旧式機器(1987年製)を撤去して、そこにちょうどよく設置するための台を自分で採寸して製作(木製)・塗装までして、綺麗に下準備を行ってました。
そこに附属の取付台を固定して、電源配線はまで済んでました。

171126-01_IMG_1274.jpg

残りは振動子の取付。
まずは、なるべく簡易に設置したいので、船底に穴は空けずに済む場所を探しです。
親父さんが振動子を持って、船底に押し付けて行き、私が画面を見ながら状況をチェック。
船が浮沈構造になっているらしく、機関室内にはいい場所がなく、比較的底板が薄い場所になっている生簀内に設置することに。

171126-02_IMG_1277.jpg


取説通り、手動モード、感度中間、水深を10-20mで海底の映りが、赤くしっかり表示するかチェックすればok。

171126-03_IMG_1271.jpg


振動子の設置場所に綺麗にペーパーをかけ、振動子を船底に密着するようシリコンで接着固定、綺麗に配線を固定して設置作業が全て完了。

171126-04_IMG_1295.jpg


元々電気工事屋の親父さん、全て自分で上手くやっておりました。

あとは実釣で実際の魚探の映り、GPSの受信状況・機能などの確認です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント