2017/12/12

水温計とエア抜き兼神経締め




2017年12月12日(火曜)


今日は朝から日差しも殆どなく、冷たい風が吹きすさぶ、ずーっと寒い一日でした。
早く冬が来ると、意外に暖冬だったりするので、この寒さも長続きせず、穏やかな年末年始が来るのを期待したいところです。
しかしLa Nin~aの観測があったとのことで、厳しい冬が長引くとの予想もでているようで、天候も結局、時がこなければどうなるかは誰にもわかりませんね。。。

寒いし、昨日の通院で疲れが出て、今日はややぐったり気味。
気分も上がらず、、、、web買い物したものが届いて、少し気分を紛らしました。

171212_1_IMG_1594.jpg


水温計ですが、海水温を計るために購入してみました。
先月購入したGPS魚探には標準装備でなくオプションで、別売で買うとそこそこ値段が(3-4万円くらい)するので、こいつを代用することにしました。

水温をずっとモニターしたり、記録する必要性がそんなにないため、これで十分かと。
ただこのタイプの水温計は、観賞魚や爬虫類用のため、センサー部までのコードが大体1mくらいしかないのが、ちょっと物足りないところです。ただ、\1000程度でお手軽。
実際に使ってみてどうかは今後チェックです。


エアー抜き、神経締めと兼用可能なタイプを追加してみました。
前回の釣行で、Avtiveのエアー・ベント・ニードルを使って、イトヨリダイに試してみたのですが、まだ不慣れで上手くいかず死なせてしまいました。
魚が小さいので、ニードルが悪いのではなく、魚がおもったより早く弱り、その上私の未熟な技術のためです。下手なりに、もう少し使い勝手のよい道具を探して使ってみるのもいいかと思って購入してみました。
Try & Errorで比べながら技術を上げてみようと思います。

しかしこの冷え込み、寒風では、釣りに行って試せませんね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント