FC2ブログ
2018/01/16

病院生活 語学ラリー




2018年1月16日(火曜)

先週の冷蔵庫の中のような天気から一転、暖かい穏やかな日でした。

日々、治療と追加の検査を続けてます。


病院生活(入院)では、時間を持て余してしまう人も多いかと思います。
私場合、これまで仕事をしていた時は、休養時間兼重要な穴埋め時間、普段じっくりやりたくてもついつい出来ないことをする時間になってました。
今回、仕事を辞めて普段でも時間がたっぷりある身の上ですが、結局あまり変わらずでやってます。

おろそかになっていた語学、特にスペイン語とタイ語の復習を毎日して過ごしてます。
基本的に馬鹿の一つ覚えで、脳トレ、ボケ防止のために繰り返しです。。。(何年やっているのやら。。)

眠れないので朝が来るのが待ち遠しく、起床時間前にPCを静かに立上、入院中のデータや病気に関して調べた文献なんかを自分なりにまとめたりして朝食まで時間が過ぎます。
朝食後は軽く歩行運動して血糖が上がってぼーっとした頭を少し冷やして、
それから午前中にスペイン語教材「新スペイン語入門」の復習。

180116-01_新スペイン語入門


昼食後に半時ほど居眠りして、同じく歩行で頭を冷やして、
「DUO3.0」基礎英語で反復脳トレと語彙確認

180116-02_duo3.jpg


夕食後はさすが寒いので、歩行の代わりにセブンに出かけ、少しネットで気分転換してから、
「らくらくタイ語」をじっくり観ながら、小声で例文を唱えてます。

180116-03_らくらくタイ語


10時には消灯ですので、そんなことをしていると毎日があっという間に過ぎて行きます。

健常な時の日常生活でもそうですが、毎日は単調で、知らず知らずのうちに大体同じこと繰り返して過ごしていて、気づけば時が過ぎていたというのと同じことかと思います。

普通、急に病院生活(入院)へ入ると、いきなり生活(リズム・ペース)が急に変りますので、ついつい何をしていいかわからず、無為に時間を過ごす人も多いようです。
もちろん体調が悪くて入院している人が大半なので、ひたすら寝て休むことも非常に大事なことで、ある程度回復してきた時や身の回りのことができるようになってからの話ですが。

シャキッと病院でも過ごしている人を観てると、当然自室でどんなことをしているかまでは知りませんが、病院の時間の流れに沿って、毎日淡々と同じ時間にお茶を飲んだり、風呂に入ったり、散歩したりしてのが共通点のようです。

さてさて、せっかく復習して少しでも感覚が戻ったら、また近いうちに何処か旅に出て、実際に使ってみたいものです。
そんな淡い期待を込めて、モチベーションを多少支えています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント