2018/01/19

アレハンドロ・エニス・アルメナーレス 音楽CD




2018年1月19日(金曜)

今週も瞬く間に過ぎていき、金曜日です。
春の日差し、穏やかな天候がほっと一息させてくれました。
もしかしたら、本格的な春の到来が早くやってきてくれそうで、そうなることを期待ですね。

今日は音楽の都、Cubaから1枚です。

Alejandro Almenares 【 Trova Santiaguera 】rabel;EGREM / 2012年?


180119-Alejandro Almenares-Trova Santiaguera


Cubaと云えば、Buena Vista Social Clubが20数年前に一つのブームとなって世界中に再認識され、(私もそれをきかっけに初めて知った一人ですが)、コンパイ・セグンドをはじめ伝説の素晴らしいミュージシャンが世界各地をツアーして、その存在を知らしめたかと思います。
その方々も当時既にだいぶ御歳を召しておりましたが、それから更に幾年、まだまだ現役で活躍するOmara PortuondoやEliades Ochoaもおりますが、この方も中々の大御所のようです。

1937年生まれ、この作品も御年75歳で、生地(聖地)Santiago de Cubaで地元の息の合ったメンバーと録音したものだそうです。
初めて聴きましたが、アップな切れの効いたナンバーもスローなメロディな曲もまさに正統派、ど真ん中のSon、かの西はずれの街、そしてTrovaの雰囲気にあふれ、まだ行ったことないあの音楽の街へ行ってみたいと強烈に思いを馳せさせてくれます。

私の再訪したい国の上位にあるCuba、次は旅の脚を伸ばして、是非Snatiago de cubaにも数日滞在してみたいものです。
そんな夢のようなことを抱え、今晩も眠れずに静かにベッドに横耐えたいと思います。。

全く作品の説明などの役にはたってませんでしたが、では。 Hasta Luego


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント