FC2ブログ
2018/02/04

アニバル・ロベラ パラグアイ 音楽CD




今朝もまた雪。。。。日中、晴れましたが、底冷えでした。

今日の1枚は、またまた馴染みの薄い国、パラグアイから。

Anibal Lovera 【 Che Paraguay 】 rabel;Espa Music (2003年)

180204-Anibal Lovera - Che Paraguay


ジャケにドーンと出てます「アルパ」というハープのような楽器が特徴。
西語でまさにハープを指す言葉ですが、中南米(パラグアイ・ペルー・メキシコ・ベネズエラなど)の国々でフォルクローレの演奏に使われるようです。特にパラグアイは盛んに使われる楽器のようです。
この楽器を中心に、ギター、アコーディオン、ズンズンと多少こもったリズムの響いたベース低音が、流れるように次々と並んでます。
1.曲目[ Mañanitas Paraguayas ]とあり、全体パラグアイの民謡をFeatureした作品のベスト盤作品かと思うのですが、1~3曲目がインストで残りが歌の曲になってます。


バイオグラフィーをちょこっと調べましたら、1926年パラグアイのQuyquyhó 生まれで1994年に他界しておりました。30作品以上のレコードがあるようですが、他の作品は中々入手は難しそう。。。。
周辺のペルーやアルゼンチンとまたっちょっと違った雰囲気の音楽で、面白そうなだけに、もう少し探してみたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント