FC2ブログ
2018/02/08

カフェ・アマン・イスタンブール トルコ&ギリシア 音楽CD


2018年2月8日(木曜)

なかなか退院が出来ず、時間が経過中。。。
2月は短いので、ぼやぼやしていたら月末があっという間に来てしまいそうです。
さすがに少し焦りが、、(~_~;

今晩は、バルカン&アナトリア半島から1枚。

Cafe Aman Instanbul 【 Fasl-I Rembetiko 】 rabel;KALAN / EMI (2012年)

180208-Cafe Aman Instanbul - Fasl-I Rembetiko


小アジアとも称されるアナトリア、黒海、エーゲ海、地中海に囲まれた半島で、マルマラ海を挟んでバルカン半島と対峙。現トルコの主要部分。言わずと知れたアジアとヨーロッパを結ぶ重要な回廊、古来からあらゆる分野で戦略的でも熱い地域でもありますね。

そしてギリシアの歌謡、レベーティカ。
ビサンティン~オスマン帝国からギリシアは独立(1830年)後、イスタンブールを首都にしようとトルコと戦争(1922年)するも負けてしまい、それまでトルコにいたギリシア人が難民となって帰還。トルコに染まった風習と一緒に歌も持ち込み、混じりあって生まれた音楽。

そんな地域の古い民謡やレベーティカの魅力を追及するギリシャ&トルコ混成男女グループCafe Aman Instanbul(2009年結成)のファースト・アルバムだそうです。
どちらが作品名なのかわからなくなりそうな名前、しかもコンピ作品とか勘違いしそうな感じではありますが、、、
レベーティカに関する作品はこの他に1枚しか知らないので、まだまだよく知らないのですが、どこかで聴いたことのあるゆようなリズムとメロディの1節が、みんなの歌でさわりでも使われて耳にしたことのあるような懐かしさを感じます。
ジャケもシブいですが、全体色々テンポや男女の歌も音の色あいに彩りを添えて、とても聴きやすいし粒揃いの作品が並んでます。
お気に入りになりました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント