2017/01/21

ストレス・チェック



2017年1月21日(土曜)


寒い日が続いてます。
今日は出勤&残業となりました。

去年の秋に、勤め先が実施したストレス診断結果が、昨日届きました。

あまり中身が無いとうか、通り一遍的な設問だったような記憶が残ってますが、なるべく恣意的な思いは持たず、単純に機械的に設問に対して答えて見ました。なんせ、質問の意図とかを考えるのも億劫だったこともあって。

170121-ストレスプロフィール2017Oct_2




(分析)結果ですが、まぁ指摘されなくても当然のことが描かれてあります。
アドバイスにも一応目を通しましたが。おざなりなことしか書いてなく、心に響くものなど当然なく、やはり自分で我慢しながらやり過ごすことしかないという自明の結論ですね。

ストレスも刺激の範囲として、運動機能や能力を高める負荷となり、抗体や免疫を向上する面もありますし、積極的に取組むべき対象だと認識できれば有益なモノとなりうりますし、全くのノー・ストレスというのはありえないことで、大半は日常のゆらぎ、多少の凸凹の間で解消されていくものかと思います。
しかしながらその範疇を超え、蓄積していくと、外からの刺激が自分の内からも増幅していく悪循環に陥るのだと思います。
もちろん置かれる環境や状況、感受性、性格、心身の容量、などなど人それぞれですが、過大なストレスは心も体も蝕む、まさに生きる上でのあらゆる脅威だと思います。

一度このような状況に落ちると中々抜け出れないように思えます。
ここ最近、考えること、反応することを放棄するようにして、自分自身にも周囲にも平常を装って、とにかくやり過ごしている感じかもしれません。
そして、どこか他人事のように、一日でも早く私を取り巻く環境から破綻することを、楽しみに見物することで皮肉にも、情けないことにも、それでストレスを食い止めている私、、、。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント