2017/06/18

再開 ~ 小負荷トレ


2017年6月18日(日曜)


本日はやや雲がかかってますが、ここのところ雨も降らず、清々しい天気が続いてます。
心機一転してひと月、再び体力向上を意識して歩きはじめました。

仕事から帰り、晩飯のあと一休みして、疲れた体と気分に気合を入れて45分~1時間程散歩。
ただ歩くだけだと筋力が戻らないので、アンクル・ウェイトを持ち出しました。

170618-IMG_0565.jpg


まずは0.5kgをそれぞれ足首につけて慣らしてきたので、昨晩から1kg(1個)を腰周りに下げて負荷増量です。あと一月で合計2kgになるようトライするつもりです。

基礎)体力が一度落ち込むと、回復させるのは想像以上に時間と忍耐が必要ですね。
前々から徐々にアンクル・ウェイトも入れて散歩を始めていたのですが、疲労度が相当大きく、夜中に手足が攣り(こむら返りして)、気分も鬱々と上がらないので、度々中断に追い込まれておりました。

手足が攣る(こむら返りする)のは、筋肉自体の疲労と、電解質(塩分)と水分のバランス(調整)が崩れていると認識してましたが、私の場合、水分不足の要因かなり大きいということが、最近気づいたというか、確信できてきました。もちろんストレッチなどで筋肉の疲労緩和を入れるとより予防できますね。

体の疲労は、心の)ストレス(処理)量も強い相関・影響があると想います。
歩くなど有酸素運動はストレス解消にも大きな効果があることはわかってますが、抑圧の続く中では、逆に歩いている最中も、ウォークマンから流れる音も虚しく響くだけで、関わり合いたくない、くだらないことばかりが頭の中に蘇り、鬱陶しさが消えるよりも、いっそう増幅されて疲労感、倦怠感も増し、負の連鎖から離れられなくなることを知りました。

ようやく気持ちを変えた(少なくともリセットしたと強く意識、決意している)ことで、徐々に負の循環を逆転させていこうとしてます。気持ちのせいか、今は目先のことだけですが、反転し始めてきたようにも見えます。
止まっているものを動かしたり、流れを変えるには最初に大きな力が必要です。
意識的に気分をややを高揚させているので、少し疲れも出たりしてますが、このままもう少し回し続けて、固めていきたいと思っています。
ちょうど季節も、夜道を歩くのによい時です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント