2017/11/15

転居前後の手続き(2  指定難病転入&病院移管



2017年11月15日(水曜)

今月も半ば、今週はぐっと冬へ近づきそうな気配ですね。

引っ越して2週間、各種手続きも大体片付いてきました。
持病持ちの私は、まずはまずはこの関係が優先です。11/2に市役所で転入して、その足で地域保健所へ出向き、まずは指定難病の転入手続きを開始。
大阪で予め2017~2018年への更新手続きを既に行ってからの転居にしたので、新たに面倒な書類などの必要もなく転入はすんなりいきました。
ちょうど更新と退職時期が重なっていたので、保健所の方と相談しながら、更新と転入を同時に行うか、それとも更新が確実に完了させてか転居するか検討しました。
更新は申請して約2ヶ月、申請と退職日をタイムラインの起点にして、アパートの退去予定までの軸を引き、その上に其の他の手続きや引越し準備を置いて、退職後の体調を勘案して計画をしたのでした。
そんな準備もあったのも確かですが、保健所の職員さんは大阪もこちらもとても親切で迅速に対応してくれたことも事務手続きが順調にいった大きな要因かと思います。何でもまずは事前に相談することをお薦めします。
新しい受給者証と上限管理票は、1週間で出来上がり受領。

171115-01_指定難病受給者証


その間に病院移管の手続きを開始。
大阪の病院では10/24検診時に、先生から(詳細なデータの入った)紹介状を頂きました。

171115-02_IMG_1213.jpg


先生の(引継ぎ)コメントは、
「この時点で明らかに悪化傾向があり、引越しの影響も考えると、できれば直ぐに入院して点滴(治療)をやるか、少なくとも薬を増加して2週間後に回復を確認したいところだが、、、、致し方ない。こちらでの治療も際限がなくなり、引継ぎ先もやりにくいだろうから、予定通り移管します。転居後は直ぐに病院で診断を受けるように。紹介状にその旨も追記しておくので、向こうで治療を判断してもらいなさい」と、
「それからこの(あなたの)病気はややこしいので、ちょっと紹介状を見ただけでは全く理解できないと思う。まず地域医療連携室に行き相談して、事前に紹介状を渡し、そうね、向こうで担当する先生に1週間は理解してもらう時間を与えるようにしなさい」、とういうとで、

少し疲れが取れた11/6(月曜)に、紹介先の病院へ行ってきました。
事前にwebで調べてみると「地域医療連携室」といのはなかったので、直接患者支援窓口へ行き相談。こちらの要旨を聞いて、親切にどこで受け付けるか案内してもらえたが、普通に外来の受付窓口だった。
しかもやりとりの結果、「紹介状を先に受け取っても、多忙のため事前に先生が診ることはありません。なので早く診察を希望されるなら、明日が○X内科の日になるので予約しますか?」と。
翌日、片道車で1時間半以上かけて来るのも面倒だし、薬もあと1週間あるので、翌週初診に来ることにした。その間にもしかすると、(紹介状に)少し目を通すかもしれないしとも、僅かにに期待して。「では、今日紹介状を受取っておきます。こちらでデータは取り込んでカルテにしておきますから」と多少申し訳なさそうに引き取った。

そして今週11/13(月曜)に初診に行ってきました。
総合受付で初診の受付を行い、新しい診察券と初診の書類を発行してもらってから、内科の受付へ。初診につきものの問診票を記入して診察待ち。
案内表示に№が出たので診察室へ入る。担当される先生がxx内科の○○ですと自己紹介してから、早速画面一杯に映し出された紹介状のデータを見ながら問診を開始。
案の定、事前に紹介状は診てなかったようで、記載している内容を診ながら、あまり見ない症例名などもあり、一筋縄では行かなそうなことはわかったようで、「(私も)これから一緒に勉強しながら取り組みたいと思います」と。
それに紹介状を出した先生が(この道で)有名な方で、新しい先生曰く、「学会発表でもコメントを出されると、空気がピンと張り詰める」という先生であったこと、「紹介状にも記載があり、ご協力されているX△大学の◇□先生も学会でよくお名前を拝見する方で、正直驚いてます」と。
確かに大阪の先生はご高名な方で、その前の茨城で診ていただいた先生は、「私などは直接口もきけない程」ですが、「この症例を理解して治療できるのは、、」と紹介してもらった経緯もありましたし、実際有名なだけでなく、現在も学会においても、医療現場の第一線で外来患者をも診ている、見識も経験もある実力もある先生だということを、2年間診ていただいてよくわかっていたので、私としては先生の言いつけどおり、1週間前に決して近くもないドライブをして、その意図を含めて、頂いた紹介状を渡したのにと、内心思ってしまった。
そんなこんなで、紹介状と転居前(10/24)の検査結果を見ながら、今日の初診検査内容を決めて、診察を一旦終了。検査指示書が出たので、順番に採血&採尿⇒胸部X線⇒心電図検査を廻る。
検査結果が出るのを待って再び診察。
検査データ自体は大きな変化なく、引越作業の負荷も緩和してきていた。
最近kが高めに推移してきて注意を促されていたが、更に高くなっており、中性脂肪、糖代謝その他食べ過ぎが原因と思われる項目が悪化していた。
味覚異常は相変わらずで、毎日かなり苦いにも関わらず濃い珈琲を沢山飲んで、旬の南瓜など緑黄色野菜を多少食べ過ぎてK上昇に拍車をかけたのかもしれない。。それが手足の攣る補助的要因にもなっているかもしれない。
ここ1ヶ月、血圧がかなり高くなって(100-150)、高止まりしているのも関係あるかもしれない。

新しい先生もまだ今日は現状把握で大変といったところで、突っ込んだコメントはなく、従来の処方を踏襲し、次回の検診も4週間後、検査項目も同等で行くことにして初診を終えました。
新しい先生ですが、この道)20年と云ってましたので、私より若干若いくらいか同世代かといった年齢で、患者の意見もキチンと聞いてくれそうな物腰の柔らかい、丁寧な診察をする印象の先生だったので、とりあえず安心できました。
こちらからは「ご確認したいことがあれば何でもご遠慮無く、お聞きください。私は(私生活も含め診察に関して)何事も隠し事はしませんので、」と、「そうなんですよね。この病気は生活の状態が結構影響しますから。個人的なことはなるべく控えますが、その時は聞かせて頂きます」と。
初診は、朝イチから夕方まで丸々かかると想定してましたが、13時過ぎには無事終わりました。

尚、足/脚の浮腫みは、毎日自宅療養しているようなものなので、順調に回復中。
汚い絵ですが、、
引越し中(浮腫み増加+4kg、ちょっとぶつけると痣があちこち)~現在(+1.5kgまでに戻る)

171115-03_IMG_1198.jpg 171115-04_IMG_1242.jpg


2年前と違って、あのヒドイ有様へ転がり落ちる、悪夢のような感覚は全くなく、今回はたぶん少ししたら回復するだろうという予感がありました。
基礎体力がもう少し戻って、疲労感と血尿が消えていってくれたらと、期待してます。
これから2~3ヶ月、とにかくまた目標を持って節制をして行かなければと。

2017/11/12

引越し荷物 片付&整理 高圧洗浄機




2017年11月12日(日曜)

朝晩の冷え込みが強まってきましたが、今日も朝から晴れて清々しい日和です。

山のように積んでいた引越し荷物も、両親のヘルプもあり、段々と片付き、住環境整備作業も先が見えてきました。
昨日は温かい日差し、気温も上昇、絶好の洗濯日和でしたので、タイルマットの埃をきれいサッパリ落とすことに。
この際、ずっと使用してない高圧洗浄機を久々に出して使ってみました。
元々、船底洗浄をするために購入、3.11の震災以後必要もなくなり、寝かせていました。
偶に使うとちょっとしたトラブルが発生するものです。水が出ないで機械が停止。。。
取説を引っ張り出して目を通し、不具合をチェック、どうやら長い間使ってなかったのでノズル先に異物が詰まってインターロックがかかった模様でした。取説はやはりしっかり残して読むことが重要ですね。

洗浄機で前洗浄、タワシと中性洗剤でゴシゴシ洗って、洗浄機で一気にすすぎ。

171112-IMG_1238.jpg


全部で35枚、2時間ちょっとの作業。
体がホントに貧弱になっていて、午後からは手足が攣って身動きが取れなくなってしまった。
今日もまだ続いて、ホント日常生活もままならないのに呆れてしまいます。
なんでこんな体に成り下がったのか、、普通に生活している人が羨ましい。。。情けない状態。
とにかく基礎体力の回復を最優先に、翌春までしっかり新生活を始めて行こうと思ってます。


2017/11/11

転居前後の手続き(1




2017年11月11日(土曜)


穏やかな秋晴れが続いてくれてます。
先週、3日が祭日だったので、疲れの抜け切らないまま、とにかく早めに転居後の事務手続きを開始。
1)まずは新住所への転入手続きですね。
市役所(市民課)へ出向き、備え付けの所定様式(異動届け)に必要事項を記入して手続き。
必要なもの
・前住所の「転出証明書」(10/25日に転出届けをして取得)
・身分証明書
・マイナンバー・カード又は通知カード
本人申請で自書ならば印鑑は不要。
身分証明書、ぼけーっとしていて運転免許証を忘れ、健康保険証を提示。その場合、本人及び家族等に関する幾つかの質問確認がありました。

お役所では、今は何処も転出・転入に関する手続き一覧表にまとめたものをくれてわかりやすいですね。それに次に必要な手続き(窓口)へ親切に案内してくれます。

171111-01-転出資料

171111-02-転入資料
171111-03-転入資料


2)そのまま次は、隣の窓口で国民年金の手続き。
必要なもの
・年金手帳
・その他の書類(必要ならば)、「年金定期便」等
国民年金保険料免除を申請中だったので、その書類を確認。その場で指示される通り、書類に新旧住所等を書き込めば、あとは役所の方で住所変更を行ってくれるそうで、あっと言う間に終わり。

3)あとは(国民)健康保険の手続き
必要なもの
・保険証
同じ窓口の担当者が、そのまま手続き確認してくれました。
私の場合、健康保険組合の任意継続(済み)だったので、その(保険証)確認と、出された用紙に、任意継続手続き済みと自筆で追記するだけで完了。


最後に、もう一度最初の転入窓口で転入手続きが完了したことを確認。
その時に住民票の写しが必要か聞かれるので、必要ならば発行をお願いします。
とりあえず発行してもらったほうが、別の事務処理するものがある人は、後々便利ですね。
運転免許証の住所変更なども以後行う必要もあるし、新住所を証明するものがないので。
私の場合、本人のみ記載の住民票を出してもらい、その足で別の手続きに行ったら、早速住民票の写しが必要だったのですが、そこは世帯全員が記載された様式のものが必要ででした。。。
しかしそこの担当者が、「今日のうちなら、市役所で差し替え交換してもらえますよ」と教えてくれました。市役所へ戻ると、その通り、向こうもちょくちょくあるのか「あ~、差し替えですね」と直ぐに対応してくれました。

基本一人身のお気楽な境涯なので、昨日残りの印鑑登録手続きを行い、市役所での手続きは全て終了しました。

ぷー太郎の身分で時間はたっぷりあるので、残りの手続きもボチボチ適宜やって行こうと思ってます。
一方で、7月から退職直後の9月にどっと体調が悪化してからというもの、益々、予想以上に体が動かなくなって、回復も思うように行かないのがもどかしいこの頃です。




2017/11/08

フェリー 船旅・移動




2017年11月8日(水曜)


一雨ごとに冷え込みが益してくるようです。
思えば霜月も半ばに差し掛かろうとしていますね。

やっと引越し疲れが抜けてきてました。
荷物の開梱、整理を始め、新しい住環境を徐々に整え始めてます。

2017年10月31日(火曜)~11月1日(水曜)の移動、
大阪のアパートを引き払い、最後にプロバイダのルーターの返送手続きをして、大阪南港へ。
今回、フェリーで北九州へ移動しました。
引越し作業の遅れ、始めての移動ルートのことも考え、時間の余裕のある名門大洋フェリーの2番便にしました。
フェリー乗り場へ行くと、係員が車の待機位置に誘導してくれます。
「北九州行きですよ(?)」と、№が茨城のままだからか?
引越し作業に気を取らて、ネット予約したチケットを印刷するのをすっかり忘れ、予約番号も控えてないまま来てしまってました。。。(^_^;
車検証を持ってチケット・カウンターへ行くよう言われる。行くと直ぐに予約と支払いを確認できて、チケットを発券してもらえた。しかし車高が少し高いと言われ、追加料金が発生。いずれにしろチケットカウンターに行く必要になっていたのかと。

大阪からは九州各地へフェリーが多く出てますね。
北九州(新門司)が船会社も便数も多いようです。
名門大洋フェリーは2便/日に出てます。
2便は19:50出港、翌朝8:30に新門司へ着岸です。

19:00過ぎ、車を誘導に従って、船内へ駐車。

171108-01IMG_1204.jpg

シングル個室を予約していたので、6階の案内所でチケットを確認してもらいキーをもらう。
早速、7階へ移動して部屋で旅装を解く。
修学旅行団体、家族、グループ客、輸送業者に方々で、賑わってました。

171108-02IMG_1193.jpg
171108-03IMG_1195.jpg

しばらくして、蛍の光が流れて、汽笛を鳴らして、定刻通り離岸。
室内は清潔で、もちろん小さい部屋ですが、ベッドでのびのび体が伸ばせて、いや~、中々いい感じです。ほっと一息入れて、6階の展望大浴場でスッキリ。順調に行った引越し作業の疲れが、心地よく癒やされました。
船上ビジネス・ホテルって感じって感じでしょうか。
フリーWiFiサービスも整ってます。
約12時間船旅、のんびり移動しながら過ごせて大満足。

171108-04IMG_1201.jpg

翌朝定刻通り、新門司へ着。

171108-05IMG_1202.jpg

この日も眩しい日差し、最高の秋晴れ天気に恵まれて下船、陸路(九州自動車道)を下り順調に目的地へ無事到着できました。

171108-06IMG_1205.jpg

フェリーの旅、けっこういいかもと、かなり気に入りました。


2017/11/07

引越し(転居) 

2017年11月7日(火曜)

1週間続いた快晴、心地よい秋晴れも下り坂。
段々冬の足音も聞こえてきました。

大阪から九州へ、予定通りの日程(10/31~11/1)で転居・引越しました。

しかし余裕をかましてしたら荷造りがギリギリになってきて、結局、最後の二日間がほぼ徹夜になってしまった。。。
前回の反省から、ダンボールに何が入っているかをメモと写真で記録しながら、どんどん荷造りを進めましたが、やっていると少々凝り始め、なるべく関連するものを集め、細かく、緻密に、そしてなるべく綺麗に詰め込みたくなってしまった。。

171107-01IMG_1078.jpg 171107-02IMG_1114.jpg
171107-04IMG_1137.jpg 171107-03IMG_1124.jpg
171107-05IMG_1173.jpg 171107-06IMG_1176.jpg



31日は午後から引越屋さんが来て、荷物の積み込みの予定。
当日、時計をにらみながら、もう少し、あとちょっとと、ギリギリの14時まで荷造りを行い、完璧な状態へ。自己満足もできて、準備万端にて荷造りが終了。
それから軽く昼食を口にして、業者さんへ作業を引継ぎ。

「いやー、荷物多いですねぇ~」と開口一番。
作業途中で、「たぶん荷物全部と載ると思いますけど。。。」とポツリ。
筋骨粒々の力持ち3人が3階からドンドン、じゃんじゃん次々と荷物を運び出し、2.5tトラック一杯、きっかり満載して積み込み作業が終了。
ちょうど1時間でした。
病身にむち打ち、最後の力を振り絞り、びっこを引きながら、がらんどうになっていく部屋に掃除機をかけて軽く清掃、残ったゴミを片付けながら、作業の手際良さに感心しつつも、あの筋力、体力、若さがホント羨ましかったです。

夕方、17時に部屋の明け渡しの立会。
不動産・仲介屋から派遣された業者さんが来て、室内の確認を行い、無事引越し作業が全て完了。
日も暮れて、2年間住んだアパートを退去しました。

171107-07IMG_1192.jpg



早速、入れ替わりに別の業者さんも来て、部屋の詳細確認や清掃作業を行っておりました。
新築で、立地もまずまず、わりと閑静な環境に、広い駐車場があるところだったので、直ぐに別の人が入ることでしょう。
タイミングよく台風も通過して快晴、絶好の日和に恵まれ、荷造りも思い残すことなく時間通り終えて、疲れも忘れるほど気分も晴れ晴れ、スッキリと、思い残すことも一切ない、完璧な引越し作業にできました。(^c^)!