2018/02/07

味覚障害 亜鉛




2018年2月7日(水曜)

底冷えの寒さ続いて、厭になります。
昨夜からバイオも生活の流れもサイテーで、一睡もできず、今日は検査で昼飯抜き。。。
しかも思わぬところで、病院に長居になって、わかっているけど益々苛々して、嫌気が増幅してきます。

なので、朝からいつもにまして珈琲が苦く、美味しくない。。。
ずっと珈琲の味が、毎日の最も実感できる体調の指標になってますが、2年前から始まった味覚障害からは、いっそう明確なバロメーターになってます。

味覚障害と云えば亜鉛、今回の入院中に、味覚障害についても改めて調べましたら、
日本臨床栄養学会、【 亜鉛欠乏症の診療指針2016 】というのがすごく参考になりました。
健康な人も一読するといいかも。

亜鉛は代表的必須微量元素であり、欠乏すると、以下のような症状が出てきます。
1.皮膚炎・脱毛
2.貧血
3.味覚障害
4.発育障害
5.性腺機能不全
6.食欲低下
7.下痢
8.骨粗しょう症
9.創傷治癒遅延 
10.易感染性 

診療科も皮膚科,小児科,泌尿器科,消化器内科,腎臓内科,総合内科などが関わってきます。

これは亜鉛の生理作用が、「①身長の伸び(小児),②皮膚代謝,③生殖機能,④骨格の発育,⑤味覚の維持,⑥精神・行動への影響,⑦免疫機能など」多彩で、亜鉛を必要とする酵素が「体内に300以上あり」、亜鉛が「これら酵素活性部位に位置し、亜鉛酵素のアポ蛋白の構造安定に働いている」ためです。
更に、「インスリン合成、膵β細胞からのインスリン放出に関係している」ので糖尿病や、「ビタミンA代謝に関与」しているそうなので、目とかにも影響しそうです。

亜鉛不足は、私にとって、「味覚障害」がやはり大きな部分を占めてます。
ただでさえ、自由に飲み喰いも出来ない日々、それでどんなに創意工夫したとしても、味気ない食事になり下がるのは悲しいものです。
食は生きる基本、毎日の生活品質に大きく影響しますので、味覚障害をなんとか改善したいものです。

亜鉛が味覚に関係する理由は、「舌の上皮細胞は亜鉛が豊富で、特に、糸状乳頭基底部や有郭乳頭部の味蕾を含めた上皮部分に亜鉛は高濃度に存在」しているためで。また、亜鉛酵素が「味蕾内、特に味孔周辺にはアルカリホスファターゼ,酸ホスファターゼ,cyclic AMP phosphodiesteraseなど」多いためです。
そこで亜鉛欠乏すると、「乳頭の扁平化,味細胞先端の微絨毛の消失,味細胞の空胞化など」が発生して、味覚障害へつながることになります。
ただ、味覚障害は一概に亜鉛だけで片付くものでもなく、ストレスやその他様々な要因もあるので注意です。しかし私の場合、実際ジンクが全く足りてない状態が続いてますので、重要な要因の一つと思ってます。


亜鉛は、「主として十二指腸、空腸で吸収され、特に遠位十二指腸と近位空腸で」最大に吸収されます。吸収率は「20 ~40 %程度」です。
尚、吸収には「一緒に摂取する食物中物質によって影響を受け」て、「種子,米ぬかや小麦などの穀類,豆類などの植物由来の食品に多く含まれるフィチン酸」、「カルシウム,乳製品(食品に含まれるカルシウム),食物繊維,コーヒー(タンニンを含む),オレンジジュース,アルコールなど」も亜鉛の吸収を阻害する。
亜鉛の吸収を促進するのは、「肉類,魚類に多く含まれる動物性蛋白質(ヒスチジン,グルタミンなどのアミノ酸),クエン酸,ビタミンCなど」となっている。

尚、亜鉛を多く含む食品(100gあたり)は、「牡蠣(13.2mg),煮干し(7.2mg),ビーフジャーキー(8.8mg),豚レバー(6.9mg),パルメザンチーズ(7.3mg),ピュアココア(7.0mg),抹茶(6.3mg),カシューナッツ(5.4mg),ごま(5.9mg)など」になるが、欠乏症では基本的に食物だけで補充や回復はできないので、亜鉛剤を服用することになります。
食事制限などある持病もちは、尚更のことです。

亜鉛製剤としては、従来胃潰瘍の薬である「ポラプレジンク(プロマックⓇ)」のみでしたが、去年3月から肝臓病(Wilson病)用の「酢酸亜鉛(ノベルジンⓇ)」も保険がついに拡大適用可能となってます。
それだけ亜鉛不足と味覚障害で悩む患者が増えていることなのかと思います。

腸管から吸収された亜鉛は、「血中に入り、アルブミンあるいはα 2 マクログロブリンと結合して全身の臓器」に運ばれます。
肝臓や腎臓に運ばれた亜鉛は、「細胞内でメタロチオネインと結合して細胞内恒常性を保つ」ことができますが、例えば肝硬変など肝臓が悪いと、肝臓がアルブミンを十分作れないことで、血中のアルブミンが低下、亜鉛はアミノ酸にくっついてしまい、腎臓から尿に排出される悪循環がおきます。また、利尿剤など使うことで更にその拍車がかかってしまいます。
健常だと尿への排泄は少なく、摂取した亜鉛の大半が「膵・胆汁分泌を通じて小腸に排泄され」、「糞便(5 ~ 10 mg/日)」となって体外に出て行きます。
ですので、健康な人もバランスよく食べて亜鉛を適宜補充してあげることが必要かと思います。

尚、亜鉛の量が気になった方は、亜鉛自体を追加で測定するのが間違いないですが、
通常の血液検査でも調べている亜鉛酵素の血清アルカリホスファターゼ値(ALP)が、亜鉛状態の指数になりますので、チェックしてみてください。
亜鉛欠乏では低値を示します。

以上 ご参考までに。

2018/02/06

アサバーチェ Cuba Son 音楽CD



2018年2月6日(火曜)

今日は粉雪がチラリと舞う程度で、概ね晴れましたが、外の風は冷凍庫から来るようで、かなり底冷えしました。歩いて戻ってくると体温が少し下がっている程。

この巷ではインフルが流行っておりますが、寒いと病人も増えるのか、満床御礼、各課のやりくりも頻繁に、益々入れ替わりが激しくなってきて、平穏さが全くありません。
色んな人がいますし、、

まだまだ寒い日が続きそうで、うんざりですね。
今日は暖かい明るい国Cubaから、再び1枚。

Azabache 【 La Formula 】 rabel;BIS MUSIC (2012年)


180206_AZABACHE - La Formula



ソンの本場、Satiago de Cuabaの若手主体の8人組のバンド。
オーソドックスなSonを中心に、そこはそこは現代的なSalsaやクンビア、Latin Popの風味を自然に、さりげなく入れた作品になってます。
しかしやはりしっかり本場のバンド、きっちりソンの魅力をプンプンと残して、とっても聴きやすい心地よい1枚かと思います。

ソンを訊くと、ウキウキ、Cubaに再訪したいと、想いを馳せるのであります。
とにかく聴いて、感じての代表的な音楽かと思います。


2018/02/05

語学ラリー Espano~l 第一ラウンド終了! 




2018年2月5日(月曜)

今日も晴れ間から、突然雪が断続的ちらついてす。
立春、言葉とは裏腹に冷凍庫の中のような天候ですね。

昨日、復習の【新スペイン語入門】全60課終了。
最初は本当に記憶破壊&喪失に、これはヤバい、大丈夫かと自分の脳の腐り具合に驚きましたが、
少しづつ勘とリズムを取り戻しつつあり、少し安堵してます。

180204_新スペイン語復習完了x



この教材を始めて年数だけは12年経過、ベースの教科書として何度か復習をしましたが、真面目にきっちり、飛ばさず、漏らさず通してやったのは、最初と今回が2度目かも。
再帰動詞などで、今までうろ覚えのまま文法も誤って理解していたとこもあって、新たな発見でした。
やはり凡人以下は、反復・繰り返しで叩きこむことが大切なんですね。
もうしばらく入院、今日から馬鹿のひとつ覚え、第二ラウンドです。
2018/02/04

アニバル・ロベラ パラグアイ 音楽CD




今朝もまた雪。。。。日中、晴れましたが、底冷えでした。

今日の1枚は、またまた馴染みの薄い国、パラグアイから。

Anibal Lovera 【 Che Paraguay 】 rabel;Espa Music (2003年)

180204-Anibal Lovera - Che Paraguay


ジャケにドーンと出てます「アルパ」というハープのような楽器が特徴。
西語でまさにハープを指す言葉ですが、中南米(パラグアイ・ペルー・メキシコ・ベネズエラなど)の国々でフォルクローレの演奏に使われるようです。特にパラグアイは盛んに使われる楽器のようです。
この楽器を中心に、ギター、アコーディオン、ズンズンと多少こもったリズムの響いたベース低音が、流れるように次々と並んでます。
1.曲目[ Mañanitas Paraguayas ]とあり、全体パラグアイの民謡をFeatureした作品のベスト盤作品かと思うのですが、1~3曲目がインストで残りが歌の曲になってます。


バイオグラフィーをちょこっと調べましたら、1926年パラグアイのQuyquyhó 生まれで1994年に他界しておりました。30作品以上のレコードがあるようですが、他の作品は中々入手は難しそう。。。。
周辺のペルーやアルゼンチンとまたっちょっと違った雰囲気の音楽で、面白そうなだけに、もう少し探してみたいと思います。


2018/02/03

節分 いまだ入院中




2018年2月3日(土曜)

今日は節分でした。

午後から冷たい風が吹き付けてきて、歩いていると底冷え。
脚も攣り出したので、半メニューでくじけてしまいました。

病院の食事(夕食)も節分気分を少し添えて、患者さんへ気配り。

180203-IMG_1921.jpg



早く、はやく暖かくなって欲しいと、切に思う今週です。
しかし、まだ少し入院が必要。。。

明日は立春。
病魔とはもう一蓮托生、生涯同伴していく運命ですが、今春以降はこやつをなんとか飼い馴らし、もっと上手く付き合って、新しい生活、余生をバランスよく過ごせていけたらといいなと。